本当は女性に多い!?女性が痔になってしまう原因とは?

本当は女性に多い!?女性が痔になってしまう原因とは?

現代日本人の3人に1人痔持ちと言われ誰もがなりうる病気です。

痔というと男性に多い疾患というイメージを持たれがちですが、実際には痔の発症に男女差はほとんどなく、女性も男性同様、痔の症状に悩んでいる方は沢山います。

ただ、部位が部位なだけになかなか人には話しづらく、人に話しづらいが故にどのように対処したら良いのか分からず悩んでいるという女性も少なくありませんね。

また、一口に痔といっても痔には、大きく分けていぼ痔切れ痔痔ろうと3種類あります。

目次

女性の場合に多い痔は?

女性の場合、いぼ痔や切れ痔を発症しやすいです。

特に20~40歳代と、比較的若い年代に多いといわれています。

切れ痔の主な原因は、便秘や下痢などの便通異常です。

便秘で硬くなった便を無理に押し出すと、肛門の内側の皮膚が切れたり裂けたりしてしまいます。

また、下痢便が勢いよく肛門を通過するときも切れ痔が起こりやすくなります。

女性に切れ痔が多いのは、便秘になりやすいからです。

女性が便秘になりやすい理由は?

女性が便秘になりやすい理由には、

黄体ホルモンの影響」で腸の動きが鈍くなること

妊娠・出産の影響」や無理なダイエットなど「食生活の影響」があげられます。

ダイエットをすること自体に男女差はないものの、男性と比べ女性の方が美容意識が高いせいか、ついつい無理なダイエットをしてしまう方も珍しくありません。

極端な食事制限や食事量を減らす、油分を減らすなど、適度に行う分には問題ないものの、無理をしてしまうことで便秘になってしまうケースも珍しいことではありません。

また、ダイエット効果のある食物繊維を積極的に摂る方も多いですが、極端に摂り過ぎてしまうと便の嵩を増やすどころか、便が硬くなってしまうこともあり排泄中、肛門に負担が掛かり痔を発症してしまうというケースもあります。

美容意識が高いことは決して悪いことではありませんが、身体に負担を掛けてしまう程のダイエットは控えるべきです。

 

妊娠や出産と痔の関係は?

「妊娠や出産と痔」は一見、何も関係なさそうに見えますが、妊娠や出産をきっかけに痔を発症するケースは寧ろ発症理由としてはとても多いです。

では何故、妊娠や出産をきっかけに痔を発症してしまうのでしょうか?

妊娠や出産がきっかけとなり、痔を発症しまう理由は2つ挙げられます。

 

妊娠中のホルモンバランスの影響による便秘

妊娠中、便秘に悩む女性はとても多いです。

これは、妊娠に伴いホルモンバランスが急激に変化することで、便秘になりやすくなってしまうことに加え、つわりによる栄養素の偏りや食事量の減少が原因の1つとされています。
また、妊娠中はホルモンバランスの急激な変化や体型の変化など様々な要因が重なり便秘になってしまう方がとても多いです。

急激な体型の変化に伴い運動量の減少などが大きな原因とされています。

こうした便秘による影響で切れ痔やいぼ痔を発症してしまう妊婦さんは少なくありません。

 

妊娠中の体型の変化による血流問題

妊娠中は、短期間で体型が大きく変化しますね。

その為、妊娠中期以降は特に下半身の血流が悪くなりがちとなってしまいます。

こうした、血流が悪くなってしまうことも痔の原因の一つとなってしまうのです。

更に、お腹が大きくなるにつれ、動く頻度も妊娠前と比べると下がる方も多く、座っていることが多いことで、お尻を圧迫、血流の悪さなどが重なり痔を発症させてしまうケースも少なくありません。

 

出産時に起こりやすい痔は?

これは、どうしても仕方のないことなのですが、出産の際、息むとどうしても肛門に力が入ってしまいますね。

息む力はとても大きい為、どうしてもいぼ痔や脱肛が起こりやすくなってしまうのです。

出産によっていぼ痔を発症してしまった女性はとても多く、会陰切開よりもいぼ痔の方が痛かったという感想を持たれる方も少なくありません。

女性の場合、妊娠中に起こりやすい便秘や出産時の息みによって痔を発症してしまうケースは少なくありません。

 

妊娠中の痔の予防は?

妊娠中の便秘が原因の場合は、赤ちゃんへの影響も考慮し、便秘茶や腸内環境を整える効果のあるサプリメントなどを用いて、便秘改善に努めると良いでしょう。

また、出産時の息みに関しては、息むこと自体は仕方のないことですが、息む際、痔を予防する為に肛門を押さえてもらうことで息みによる痔を予防することができます。

これから出産を迎えるという方は、息む際、肛門を押さえてもらうよう助産師や看護師に相談しておくことをおすすめします。

 

まとめ

女性の場合、痔を発症する大きな原因は、ホルモンバランスによる影響生活習慣による影響からくる「便秘」だと言えます。

ホルモンバランスに関しては、防ぎようがない為、仕方のないことですが、日頃から便秘にならないよう、便秘対策をしておくことで便秘によって発症しやすいいぼ痔や切れ痔を予防、改善することに繋がります。

善通寺・丸亀 かかりつけ病院といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
交通事故の治療方法
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、坂出市、三豊市、観音寺市、高瀬町、琴平町、財田誘導町、宇多津町、まんのう町、多度津町など広い範囲からお越し頂いております。
30年間にわたり、のべ1万件の交通事故患者様を診察し、治療してきた実績をもとに、交通事故治療の整形外科専門医が痛みの根本原因を明確にし、リハビリテーションによる機能改善までトータルサポートする整形外科病院です。