骨粗しょう症ってどんな病気か知っていますか??

骨粗しょう症ってどんな病気か知っていますか??

骨粗しょう症 骨折 老化

目次

 

骨粗しょう症ってどんな病気なの?

骨の事 気になりませんか?
骨の強度が低下して、骨折しやすくなる骨の病気を「骨粗しょう症」といいます。
骨粗しょう症により骨がもろくなると、つまずいて手や肘をついた、くしゃみをした、などのわずかな衝撃で骨折してしまうことがあります。

骨粗しょう症になると、なぜ困るの?

骨粗しょう症により骨折しやすくなります。
骨折しやすい部位は、背骨(脊椎椎体)、脚の付け根(大腿骨近位部)、手首(橈骨:とうこつ)、腕の付け根(上腕骨)です。
骨がもろくなると、背骨が体の重みで押し潰れてしまうことを「圧迫骨折」と言い、背中や腰が曲がるなどの原因となります。
圧迫骨折が生じても、単なる腰痛として見過ごしていたり、痛みを感じない場合もあります。
1ヵ所骨折すると、その周囲の骨にも負担がかかり、連鎖的な骨折につながりやすいため、早期発見・早期治療が重要です。
大腿骨近位部(ふとももの付け根部分)は、骨折すると歩行が困難になり要介護状態になるリスクが高くなる骨折部位です。 大腿骨近位部骨折の85%は転倒が直接の原因となっていますので、骨粗しょう症の治療とともに転倒予防も重要です。

骨粗しょう症は誰でもなるの?その原因は?

男性と女性では、女性の方が骨粗しょう症になりやすいです。骨粗しょう症の80%以上が女性といわれています。
骨密度は女性の場合、18歳くらいでピークに達します。そののち40歳代半ばまでは、ほぼ一定を維持しますが、 50歳前後から低下していきます。
加齢によって骨密度が低下するのは、女性ホルモンの分泌量減少に加えて大腸や小腸でのカルシウムの吸収が悪くなり、カルシウムの吸収を助けるビタミンDをつくる働きが弱くなるなどの理由があります。
また、若い頃よりも食事量や運動量が減るといった生活習慣の変化も関係します。
加齢とともに生じる生理的な変化は、ある程度やむ得ないことかもしれませんが、できるだけ若い頃から、食事や運動に気を配ることで骨密度の減少を抑えることはできます。
そのため、閉経期を迎えて女性ホルモンの分泌が低下すると、急激に骨密度が減り、同年代の男性に比べて早く骨密度が低くなります。

骨粗しょう症の検査方法

では、どうやったら骨粗しょう症と判断できるのでしょうか?
答えは「骨密度」を測定します。
骨の強さを判定するための代表的な指標です。
骨密度検査では、骨の中にカルシウムなどのミネラルがどの程度あるかを測定します。
骨密度は若い人の骨密度の平均値と比べて自分の骨密度が何%であるかで表されます。
X線を使って、手の骨と厚さの異なるアルミニウム板とを同時に撮影し、骨とアルミニウムの濃度を比べることによって測定します。
ふじた医院でも容易に計測できます。

骨粗しょう症はどうやって治療するの?

初期の骨量減少なら、食事や運動などの生活習慣を改善することで、骨量が増えてきますが、病気が進むと、薬物療法をはじめます。

薬ってあるのでしょうか?

◎骨の吸収を防ぎ、骨量を増やす薬

○ビスフォスフォネート製剤
破骨細胞の働きを強く抑え、骨密度を上げる薬です。骨折を減らす効果が認められ、骨粗鬆症治療に広く使用されています。毎日飲む薬と週1回飲む薬、4週に1回飲む薬、4週に1回注射する薬があります。

○選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM:サーム)製剤
骨に対して女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする薬で、骨吸収を防ぎます。骨密度を上げ、骨折を減らす効果が認められています。1日1回飲みます。

◎骨の形成を促進し、骨量を増やす薬

○副甲状腺ホルモン製剤
骨形成を促進して骨量を増やし、骨折を減らす薬です。専用のキットを用いて1日1回自己注射する薬と、週1回病院・診療所で注射する薬があり、それぞれ使い続けられる期間が異なります。(1日1回自己注射する薬は最長24か月間、週1回病院・診療所で注射する薬は最長18か月間)
複数の骨折が起こってしまっている患者さんや、骨密度が著しく減少している患者さんなど重症の患者さんに使われます。

◎骨の代謝を助ける薬

○活性型ビタミンD
カルシウムやリンの腸管からの吸収を高めるとともに、骨の代謝のバランスを整えます。骨密度を上げる力は強くありませんが、骨折を減らすという研究結果があります。転倒予防効果があることや、重症な場合にビスフォスフォネート製剤との併用で、より高い骨折抑制効果があります。
○ビタミンK
骨のタンパク質の働きを高め、骨質を改善します。骨密度を上げる力は強くありませんが、骨折を減らすという研究結果があります。

◎痛みをとる薬

○カルシトニン製剤
骨吸収を抑える作用があり、骨密度を上げる力は弱いものの、骨粗鬆症による痛みを抑える効果があります。

まとめ

骨粗しょう症治療の目的は、骨折を予防し、この先長く、日常生活を快適に過ごすことができるようにすることです。骨粗しょう症の治療は現在もたくさん開発や研究がおこなわれています。
たくさんの治療法があるのですが、なかには持病があると使えない薬剤や副作用が強いものもあります。そのため必ず医師と相談することが必要になります。気になる場合は整形外科を受診して相談してください。

善通寺・丸亀 かかりつけ病院といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
交通事故の治療方法
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、坂出市、三豊市、観音寺市、高瀬町、琴平町、財田町、宇多津町、まんのう町、多度津町など広い範囲からお越し頂いております。
30年間にわたり、のべ1万件の交通事故患者様を診察し、治療してきた実績をもとに、交通事故治療の整形外科専門医が痛みの根本原因を明確にし、リハビリテーションによる機能改善までトータルサポートする整形外科病院です。