香川県善通寺丸亀の消化器内科、胃カメラ、大腸カメラ、交通事故治療、整形外科、肛門科ならふじた医院

アトピー性皮膚炎の症状・原因・基礎知識の紹介

日本の中でも数多くの患者さんが経験しているのがアトピー性皮膚炎です。
アトピー性皮膚炎は皮膚が痒くなってしまう病気で、特に子供の間に症状が出たまま大人になってもアトピー性皮膚炎の症状を持ち続けてしまった場合には症状がより重いことが知られて居ます。
アトピー性皮膚炎の知識を身につけ、しっかりと日常生活の中で対処していきましょう。

目次

 

アトピー性皮膚炎の基礎知識

アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥と皮膚のかゆみを主体にした皮膚の炎症で、子供から大人まで数多くの患者さんが経験しています。
実はアトピー性皮膚炎は2000〜2002年に行われた厚生労働省の全国調査で、4ヵ月児の12.8%、1歳6ヵ月児の9.8%、3歳児の13.2%、小学1年生の11.8%、小学6年生の10.6%、大学1年生の8.2%が、アトピー性皮膚炎を患っているというデータが出て居て、成人でも10人に1人くらいの割合でアトピー性皮膚炎の患者さんがいる計算になります。

実はアトピー性皮膚炎を緩和するためには毎日の生活の中の工夫と病気に対するしっかりとした正しい知識が重要になってくるので、患者さん自身が正しい知識を身につけることが何よりも重要になってくるのです。

アトピー性皮膚炎の症状


アトピー性皮膚炎の症状は顔や肘の内側、膝の内側などの皮膚の動きが多かったり皮膚が薄い部分に起こる強いかゆみです。
眠っている間に無意識に皮膚を掻きこわしてしまうほど強いかゆみが起こるのが特徴で、皮膚から出血が起こってもかゆみを抑えるために皮膚を掻きこわしてしまうので、かゆみが出てきた時にはしっかりとお薬を使って症状をコントロールすることが非常に重要なのです。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の一番の原因は皮膚のバリア機能の低下です。
皮膚は体の中で一番大きい免疫器官と呼ばれるほど体を守る上で重要な働きをして居て、この皮膚のバリア機能が低下してしまうと体の外からばい菌が入り込んでしまったり、有害な物質が入り込むことで皮膚に炎症が起こってしまうのです。

このような皮膚のバリア機能の低下は皮膚からの水分の喪失の原因にもなります。
このため、皮膚から水分が失われ乾燥肌になり、余計に皮膚のバリア機能が低下しまい悪循環に陥ってしまうので、毎日のお肌のケアを通じて皮膚のバリア機能をしっかりと改善しておくことが非常に重要になってくるのです。

知っておきたい日常の注意点

アトピー性皮膚炎の患者さんは毎日の生活の中でいくつか気をつけなければならないポイントがあります。
しっかりと注意をするだけでかゆみが大きく改善されるので、よく理解しておきましょう。

保湿

アトピー性皮膚炎をお持ちの場合には肌の保湿が非常に重要です。
お肌の保湿をしっかりと行うとそれだけでお肌のバリア機能が改善し、かゆみが起こりにくなります。

保湿を行うにはまず、入浴を行い、入浴直後に保湿成分を含んだ軟膏ローションを利用するとうまく保湿できます。
お肌の病気の改善に保湿は欠かすことができません。症状が現れて居ない時にもしっかりと保湿をするように心がけておきましょう。

衣類

衣類を選ぶ時に素材に注目するとかゆみを引き起こさなくても済みます。
お肌への刺激が少なく、汗を吸ってくれるような素材の衣類を身につけておくと汗をかいてもかゆみが起こりにくくなるので、衣類を選ぶときの参考にするといいでしょう。

 

お薬の利用

炎症がひどく、お肌の状態が悪い場合にはお薬を使って症状をコントロールすることが重要です。
必要に応じてステロイド剤などの炎症をとるお薬と保湿剤をしっかりと使い分けてお肌の状態を改善するとお肌の状態を改善できます。
ふじた医院ではステロイドなどのお薬を使わない治療を行ったり、お薬の使い方まで詳しく指導をしながら治療を行っております。
何かお困りのことがあるときには是非ご相談ください。

ステロイドを使わない治療法

アトピー性皮膚炎でステロイド使ってもなかなか痒みや赤みが取れずに困っている方がたくさんおられると思います。

ステロイドにはいろいろな副作用があり、長期間使用すると副作用のほうが恐ろしい場合があります。

患者様の中にはステロイドを使わずにアトピー性皮膚炎の治療を望まれる方がいらっしゃいます。

ふじた医院では、交通事故治療に使用している炭酸泉治療をアトピー性皮膚炎にも導入しております。
アトピー性皮膚炎の方に炭酸泉に入って頂いて、アトピー性皮膚炎が軽快、改善していらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

まとめ

アトピー性皮膚炎を緩和するためには毎日の生活の中の工夫と病気に対するしっかりとした正しい知識が重要になってきます。患者さん自身が正しい知識を身につけることが何よりも重要になってきますが、専門医の診察のもと治療していきましょう。
ふじた医院ではステロイドを使わずにアトピー性皮膚炎の治療もやています。

ふじた医院でのアレルギー治療はこちら

香川・善通寺でアトピー性皮膚炎の治療といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
交通事故の治療方法
お問い合せフォーム
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、多度津町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年間にわたり、のべ1万件のお腹の病気を診察し、治療してきた実績をもとに、お腹の検査、治療の専門医が痛みの根本原因を明確にし、胃カメラ、大腸カメラ等による検査から治療までトータルサポートする胃腸科内科外科病院です。