香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

膀胱炎とは?症状や原因、病院での治療について

膀胱炎とは、膀胱に炎症が起きる病気です。

細菌が尿道を上がってきて膀胱に入り、その最近が膀胱内で増殖を起こして炎症を引き起こします。

男性よりも、女性のほうが尿道が短いために、膀胱内に細菌が侵入しやすく、膀胱炎になりやすいとされています。

特に女性は、膀胱炎なんて恥ずかしいと感じて診察に来られない方がいらっしゃいますが、膀胱炎は放っておくと腎盂腎炎(じんうじえん)になってしまうことも考えられます。

今回は、意外と怖い膀胱炎について解説していきます。

また、香川県善通寺市にあるふじた医院では、膀胱炎の治療を行っております。排尿時に痛みや残尿感があると感じた場合はふじた医院にお越しください。

男性の医師では少し抵抗がある、不安があるといった方は女性の医師がいる時に当院へお越しください。

女医は非常勤で働いていますので、ご来院の際は一度お電話でご確認してからお越しください。

▼▼膀胱炎治療のお問い合わせ▼▼

電話番号:0877-62-0555

目次

膀胱炎の主な症状と原因

膀胱炎は、排尿中の痛みや残尿感が主な症状ですが、他にも様々な症状を引き起こします。

どんな症状が出るのでしょうか?

膀胱炎になる原因と共に詳しく見ていきたいと思います。

 

 

膀胱炎の主な症状

膀胱炎の症状として代表的なものは「普段よりも早いタイミングでトイレに行きたくなる」というもので、その他にも以下のようなものが挙げられます。

  • 排尿時に痛みが走る、特に終わりごろのタイミング
  • 残尿感がある
  • ひどい場合は血尿が見受けられる
  • トイレが近くなる

といった症状が出ます。

一般的にはトイレが近くなり一回で出る尿の量が少なくなります。

症状がひどくなると10分以内の感覚でトイレに行くこともあるでしょう。適切な治療を行わずに放置すると、重症化することがあります。

そうすると高熱を出し左右の腰どちらかが痛む「腎盂腎炎(じんうじえん)」という病気になってしまいます。

腎盂腎炎(じんうじえん)になってしまうと、抗生剤が入った点滴を打つ治療が必要になるでしょう。

 

膀胱炎の主な原因について

膀胱炎のほとんどの原因は、細菌による感染です。

まず外部から尿道を通って、膀胱の中に細菌が入ります。

その後、膀胱で細菌が増殖・感染して膀胱炎が引き起こされてしまいます。

細菌が膀胱の中に入ってしまう原因は様々です。

一番の原因は免疫低下にともない膀胱内に入った菌が繁殖することです。

免疫が低下する原因として、ストレス・生活習慣の乱れ・疲労が挙げられます。

 

そもそも免疫とは、身体に入った悪いものを退治して、健康な身体を保つ役割があります。

そのため、免疫が低下している時に尿道に菌が入ってしまうと、健康な状態の時に比べて膀胱に入った菌が増殖しやすくなり膀胱炎の重症化してしまう原因になります。

 

また、膀胱炎は男性に比べて女性のほうが、症状に悩んでいる方が多い傾向にあります。

なぜなら女性には、月経の前後など陰部に細菌が繁殖しやすい時期があります。

その他にも、不潔な状態での性行為などが原因となる場合があるからです。また、トイレを長時間我慢すると膀胱が伸びきってしまったり、長時間冷えた場所にいたりすると、膀胱内の血流量が減ってしまい、防御機能が弱くなります。

膀胱炎の種類

膀胱炎にもいくつか種類があります。

主に、単純性膀胱炎(急性膀胱炎)、複雑性膀胱炎(慢性膀胱炎)、間接性膀胱炎の3種類に分かれています。

それぞれどういった特徴があるのか見ていきましょう。

 

単純性膀胱炎(急性膀胱炎)

一般的に膀胱炎といわれるのはこの単純性膀胱炎です。

男性よりも女性のほうが単純性膀胱炎になりやすいです。その理由として先ほども述べたように女性のほうが、月経前後などで陰部に細菌が繁殖しやすい時期があるからです。

もちろん、男性の方でも尿道に菌が入れば単純性膀胱炎を発症します。

 

複雑性膀胱炎(慢性膀胱炎)

複雑性膀胱炎と単純膀胱炎の大きな違いは現れる症状です。

 

複雑タイプの膀胱炎は、自覚症状があまりない代わりに、膿の混じった膿尿や細菌の混じった細菌尿が見られます。

排尿時の痛みなどがないので発見が遅れることがあります。気づかないうちに重症化してしまうことから要注意しなければならない膀胱炎です。

主な原因としては、前立腺肥大症・神経因性膀胱・膀胱結石などといった排尿を妨げる病気が原因です。

なぜなら、尿流の低下や残尿が増えて、排尿効率が悪くなることにより膀胱の洗浄効果が落ちてしまうからです。

尿の排出が減るほど、尿道・膀胱の菌が多くなってしまうため複雑性膀胱炎になってしまうのです。

 

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎は、単純性膀胱炎と同じように昼夜を問わず尿の回数が多い頻尿、痛みなどがあるのが特徴です。

単純性膀胱炎にとても似ていますが、単純性タイプは排尿時に痛みがあるのに対して間質性タイプは尿が溜まった時に膀胱が痛くなるのが特徴です。

ひと昔前までは、比較的まれにおこる病気とされていましたが、最近では多くの方が感染しています。

間質性膀胱炎は、原因が未だに解明されておりません。

一方で、膀胱内を覆っている膜が何らかの衝撃で傷が付き、その結果尿内の物質が膀胱を刺激しているのではないかという見方もあるため、今も原因究明に向けて研究が行われています。

また、排卵・月経・アレルギー・ストレス・性交渉・カリウムが多く含まれている食品類は症状を悪化させるということも最近の研究で分かってきました。

そのため、原因は定かではないですが、食事と排尿習慣の改善・痛みを軽減する薬の投与などにより症状を緩和させることができます。

排卵・月経などが原因に関わってくることから患者の90%が女性なのもこの病気の特徴です。※もちろん男性も発症するので注意しましょう。

詳しい女性医師の情報はこちら

病院での検査や治療

問診の様子

病院などで検査する時は、まず問診を行ったあと、膀胱炎が疑われる場合は尿検査で、尿の白血球濃度を測定します。

そこで分かるのは白血球の濃度です。

濃度が高ければ細菌が尿道・膀胱に入っていることが分かるので、抗生物質による治療が行われます。

菌を死滅させる抗生物質の投薬によって数日間で膀胱炎の症状は治まります。

また、抗生物質を投薬した状態で痛みや排尿に改善が見られない場合、複雑性膀胱炎の可能性も考えられます。

前立腺肥大症や膀胱結石、糖尿病や腫瘍などを疑う可能性があるため、再度検査を行い症状にあった治療を行います。

膀胱炎を何度も再発してしまう場合は、結石や膀胱の機能異常の可能性も考えられます。

 効かないの?市販薬での治療について

ドラッグストアに行けば膀胱炎の市販薬を購入することが可能です。

時間がなかったりすると市販薬で対処をすることも念頭に入りそうですが、膀胱炎というものは他の病気が隠れているリスクが存在します。

症状が治まることも考えられますが、前立腺肥大症や膀胱結石、糖尿病や腫瘍などが発症している場合は市販薬の服用だけでは治ることはありません。

膀胱炎は、完治させるまできちんと直さないと重症化することのあるため、きちんと病院に行って適切な診断と治療を行うことが大切です。

膀胱炎の予防について

膀胱炎の予防には基本的には「膀胱の中に菌を入れないようにする」ことと、「膀胱内で菌を増殖させない」ことが重要です。

そのため、大切になってくるのは「水分」、「抵抗力」、「清潔」に注意すること。

水分

水分をたくさん取ると尿とともに膀胱内の細菌は身体から排出される効果があります。

水分をしっかりと取ることで排尿の回数を増やし、菌を身体の外へ排出しましょう。

抵抗力

前述の通り、抵抗力が落ちていると膀胱内で細菌は増殖してしまいます。

バランスのいい食事・質の良い睡眠・ストレスを溜めないことを意識して、免疫力を上げていきましょう。

清潔

排便・排尿はとても多くの菌が陰部に付着します。

陰部を清潔にすることはもちろんですが、下着、手などもしっかりと清潔に保ち、尿道・膀胱に菌がいてしまうのを防ぎましょう。

なるべく、毎日お風呂に入ることが大切です。

ふじた医院の膀胱炎治療について

膀胱炎は恥ずかしい病気ではなく、誰もがかかる病気のひとつです。

特に、女性の2人に1人は膀胱炎を発症した経験がある、または発症されているといわれています。

とてもデリケートな場所の病気なので、誰にも相談できなかったり、病院に行くことをためらいがちですが、適切な治療を行わないと何度も再発をしたり、重症化したりしてしまう病気です。少しでも排尿時に違和感を覚えたらふじた医院へお越しください。

香川県善通寺市の病院「ふじた医院」では、毎週木曜日の午前中と隔週水曜日に、非常勤で女性の医師による診察を行っています。

男性の医師では少し抵抗がある、不安があるといった方は女性の医師がいる時に当院へお越しください。
女医の診察日は決まっていますので、ご来院の際は一度お電話でご確認してからお越しください。

詳しい女性医師の情報はこちら

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。