香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

最近若い人に急増している「クローン病」の症状・原因・治療法まとめ


クローン病とは、腸全体が炎症する疾患で、主に10代~30代の若い世代の方にみられる病気です。
また、女性よりも男性に多くみられることが明らかになっています。

クローン病を発症する原因などは未だにわかっていないことが多く、日本でもクローン病の患者様の数は年々増加しており、厚生労働省により難病(特定難治性疾患)に指定されています。

クローン病になると、腹痛や下痢、血の混じった便がみられ、肛門にも症状がでてくることが特徴的です。この場合、「ただの痔だろう」と症状を放置してしまうと、クローン病の発見や治療が遅れることも考えられるため、何か気になる症状がありましたらお一人で悩まずに、遠慮なくふじた医院へ相談してください。

ここではクローン病について症状や検査、治療方法などを詳しくご説明します。

目次

 

クローン病とは

クローン病は原因が明らかになっていない腸の病気で、腸全体、特に小腸や大腸が炎症し、粘膜のただれ(びらん)はがれ(潰瘍)がみられる病気です。

クローン病と同様に、腸の粘膜が炎症し、粘膜がただれたり、はがれたりする病気に、潰瘍性大腸炎という病気があります。潰瘍性大腸炎では、大腸に症状がみられるのに対し、クローン病では、口から肛門に至るまでの消化に関するあらゆる器官に症状が見られるという特徴があります。

また、連続して腸に症状が見られるのではなく、正常な部分が存在しながらも、とびとびに粘膜のただれ(びらん)やはがれ(潰瘍)がみられる、非連続的な症状の現れ方もクローン病の特徴です。

クローン病は肛門部に症状が表れることも多く、クローン病が原因で生じた痔は、クローン病とは関係なく発生するような痔と区別が難しいことから、大腸の内視鏡検査で腸の状態を確認し、他の病気や通常の排便時に生じた痔などとしっかり区別することが重要になります。

 

クローン病にはどんな症状がある?


クローン病の症状に最も多いのは、腹痛や下痢、血の混じった便などです。そのほか、腸全体に炎症がおこるため、発熱もみられます。腸が消化、吸収する能力も低下してしまうため、栄養障害となり体重減少や貧血の症状がみられることもあります。

また、腸が狭くなってしまう状態(狭窄)を引き起こし、肛門周囲に膿や潰瘍が生じることも多い病気です。

このような症状は、他の腸に関連する病気や、排便などの物理的な要因によって生じた痔などの症状ともよく似ており、症状だけでクローン病と判断することは難しいといえます。そのため、大腸カメラによる検査や血液検査など、より詳しい検査の結果が大きな判断材料となります。

 

クローン病の検査

クローン病を診断し、適切な治療を行うためには、腸の炎症の程度や腸の障害の程度をしっかりと把握するためにさまざまな検査が必要になります。

大腸カメラによる検査は、実際に腸の状態を目で見て的確に把握することが可能となるため、治療内容を決定するうえでも非常に重要な検査です。これまでの内視鏡検査では、大腸を見ることが中心となっていましたが、現在では、技術の進歩により、小腸の検査も可能となっています。

また、内視鏡の検査を実施した際、腸の組織を実際に採取し、さらに詳しく検査する場合もあります。

そのほか、血液検査や便検査、バリウムによる画像検査などを組み合わせることにより、クローン病の診断材料とします。

 

クローン病の治療について


クローン病の治療は一般的に、お薬による治療が中心となります。腸の炎症を抑え、症状を和らげ、腸の栄養吸収を助けるようなお薬を使用します。

腸からの出血が多い場合や、腸が詰まっている場合などには、手術を行うこともあります。

また、症状が落ち着くまでは、消化や吸収のしやすい食事などを摂る食事療法も実施されます。

クローン病は原因不明で治りにくい病気とされていますが、早期発見し、適切な治療を行うことで、安定した日常を送ることが可能です。現在もなお、クローン病の原因や治療法の研究が進められており、治療の進歩によって、今後手術を必要とする患者さまの減少も期待されています。

早期に病気を見つける特定健診についてはこちら

 

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、多度津町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。

30年間にわたり、のべ1万件のお腹の病気を診察し、治療してきた実績をもとに、お腹の検査、治療の専門医が痛みの根本原因を明確にし、胃カメラ、大腸カメラ等による検査から治療までトータルサポートする胃腸科内科外科病院です。 お腹の痛み(腹痛)、盲腸(急性虫垂炎)、胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、胆石、胆嚢炎、等そのような症状で悩まれている患者様をトータルで治療し、保険(自賠責保険、労災保険等)にも対応している胃腸科内科外科病院です。