香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

急な腹痛!?虫垂炎かも?

虫垂炎は「盲腸炎」とも呼ばれ、よく、突然痛くなって緊急手術しなければならなくなってしまう、というイメージがありますが、軽度のものでは服薬で様子をみることもあります。痛みの場所が変わり、病巣を特定しにくい病気ですが、放置すると重症につながる恐れもあるのですぐに医師に相談しましょう。

香川県善通寺のふじた医院では虫垂炎の検査や治療を行っています。「右下腹部やみぞおちあたりの痛みがある、もしくは全体が張ったような感覚がある」などの症状にお悩みの方は、一度ふじた医院までお問い合わせください。

▼▼虫垂炎の相談はこちら▼▼

0877-62-0555

目次

虫垂炎とは?

虫垂炎とは、右下腹部にある盲腸から出た、指のような形をした細長い器官である「虫垂」に、何らかの原因で細菌が増殖し炎症が起こる病気のことです。

炎症が進むと虫垂が壊死を起こしたり、腹膜炎に発展したり、重症化すると死に至る恐れもあります。

主に痛みを伴いますが、虫垂の場所とは離れた場所が痛んだり、痛みの場所が移動したりすることが多くみられます。

食欲が落ちたり、嘔吐したりすることもあり、症状が進むと発熱・腹部の張り、ひどい痛みなどが現れます。

虫垂自体は身体の中で働きを持っていないため、手術にて処置することが多いですが、状態によっては抗生物質の投与で経過を観察することもあります。

男女・年齢を問わず発症することがありますが、比較的若い世代に多い病気です。

虫垂炎の種類

虫垂炎には、カタル性虫垂炎蜂窩織炎性虫垂炎壊死性虫垂炎汎発性腹膜炎など、さまざまな種類があります。それぞれどのような病気なのかについてみていきましょう。

カタル性虫垂炎

虫垂炎の中で、最も症状が軽度なものをいいます。

早く病院にかかり、この段階であれば手術をせずに、多くは抗生物質の投与で保存的な治療を行うとされています。

蜂窩織炎性虫垂炎

炎症が虫垂壁全体に広がり、カタル性虫垂炎よりも進行が進んだ状態を指します。

この段階になると、手術が必要となる場合があります。

手術には開腹手術と腹腔鏡手術があり、軽度では、腹腔内視鏡手術(腹部に小さな穴を開け、小型のカメラや器具を挿入して虫垂部分を切除する方法)がとられます。

壊死性虫垂炎

蜂窩織炎性よりもさらに症状が進行し、壁に強い壊死が起きた状態のことです。

壊疽性虫垂炎になると、虫垂壁が破れて膿や腸液が腹腔内へ流れ出すことがあり、腹膜炎を引き起こすなど、ひどい場合には死に至ることもあります。

壊死が始まる状態まで進行しているときは、開腹手術が選ばれます。

汎発性腹膜炎

虫垂炎などが原因で起こる可能性のある腹膜炎のうち、細菌による炎症が腹膜全体に渡っている状態のことです。

多くは強い痛みを伴い、発熱や強い痛みにより嘔吐を引き起こすことがあります。

早期に治療を開始できれば、抗生物質で散らすなどの対処で死亡の可能性は低くなり、手術をしても1週間以内に退院できることが多い病気です。

虫垂炎の症状

虫垂自体は右下腹部ですが、最初はみぞおちあたりの痛みを感じることが多いです。

それから次第に下腹部へ移動してきますが、左側が傷んだり全体が張ったような感覚になったりすることがあります。

発熱、食欲の低下、吐き気や嘔吐、下痢を起こすこともあります。

急性腹膜炎の場合、他で味わったことのないほどの痛みと形容されることもあり、強い痛みで歩けない、前かがみになってしまうといった状態となります。

慢性腹膜炎の場合は、数ヶ月に渡って微熱や軽い腹痛が現れますが、痛みには波があり、症状が出たり収まったりを繰り返します。

一般的には痛みが特徴とされる病気ではありますが、高齢者の場合はあまり痛みを感じずに放置されてしまったり、妊婦では他の部分の痛みと勘違いしたり実際に子宮で圧迫された虫垂が移動してしまうといったことがみられます。

そのため、痛みが強くなくても思い当たる異変、症状があれば早めに診察を受け、早期発見に努めることが重要です。

虫垂炎の検査について

医師による触診で、腹部を押して痛みの場所や張り具合をみたりしますが、痛みの場所が下腹部とは限らず、発見・特定は難しい場合があります。そのため、まず血液検査も行われます。

虫垂炎に罹患している場合、血液中の白血球数やCRP値が著しく上昇していますし、また、白血球数から炎症度合いをみることもできます。

その他には、腹部X線検査CT検査エコー(超音波)検査といった画像診断を併用し、虫垂が肥大していないか、膿が溜まっていないかなど、直接視覚的に状態をみる場合もあります。

小児に対しては、CT検査よりも超音波検査のほうが症状もわかりやすく、被爆の影響もないため向いているとされます。

しかし、身体の大きい大人の場合にはCT検査のほうが診断しやすい場合が多いです。

CT検査では造影剤を用いることもあります。

患者の体格(肉付きなど)や痛みの状態などによって、適した検査方法は異なるため、医師とよく相談して決めることが必要です。

虫垂炎の手術による治療法と入院期間

炎症が広がり重症化してしまった場合には、慢性化や再発の可能性が高いため、原則的に手術が必要な病気とされています。

その場合は、従来からある開腹法と腹腔鏡手術があります。

腹腔鏡手術のほうが傷は小さく、身体への負担が軽く済むことが多いですが、一般に、治療費が多少高くつくことが多いです。

また、腹腔鏡手術では合併症の危険性が大きく、開腹手術のほうが短時間の手術で済むというメリットもあることから、症状自体は軽度でも開腹手術を選択することがあります。

腹腔鏡手術の場合は、腹部に小さな穴を開け、そこから小型のカメラと手術器具を挿入することで、患部を切除するという方法をとります。

簡単な手術と捉えられがちな虫垂炎ですが、手術による合併症(炎症が広がる腹膜炎や、腸同士・腸壁とくっついてしまう癒着・腸閉塞など)の発症率は10%前後の頻度とされているので、医師とよく相談した上で、メリットとデメリットのバランスをみながら最適な方法を選択する必要があります。

虫垂炎の薬物による治療法と治療期間

明確な腫れや膿などがみられず、症状が比較的軽度(カタル性虫垂炎)の場合には、よく「薬で散らす」という言い方をしますが、セフェム系抗菌薬(抗生物質)の服薬で炎症を抑えて、経過をみることがあります。

自宅での服薬治療になりますので、痛みの程度によっては日常生活を送りながらの治療が可能です。早期の発見では、このように薬で散らせることが多いので、異変を感じたらすぐに診察を受けることが大切です。

食欲が減退したり、食事を摂ることで下痢や腹痛を引き起こしたりすることもあるので、入院して点滴を打ちながら保存療法をとることもあります。

服薬期間は、短ければ3日程度で済む場合もありますが、通常、10日~2週間程度とされています。

薬物療法では手術のように傷が残らないなどのメリットがありますが、薬では炎症を抑えきれずに重症化して再発してしまうなど、慢性化を引き起こすケースもありますので、保存療法ではより慎重な経過観察が必要です。

虫垂炎のご相談はふじた医院へ

虫垂炎は種類があり、自己判断での対処では限界があります。

発熱・腹部の張りなど、違和感があったらすぐに医師に相談しましょう。

香川県善通寺のふじた医院では虫垂炎に関する相談・お問い合わせを随時受け付けています。

どのようなお薬を使用して治療を行うのか不安な方もいらっしゃると思います。

治療法など気になることはいつでもお気軽にご相談ください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。