香川県善通寺の内科、胃カメラ、大腸カメラ、交通事故治療、整形外科、外科ならふじた医院

ふじた医院の物理療法(電気治療)一覧

ふじた医院の物理療法(電気治療)一覧

物理療法とは、筋肉に電気刺激を与え、神経を介して筋が収縮弛緩を繰り返し、小さな運動をさせ治療を行う理学療法の事です。それにより、血管が収縮拡張し血行を良くして、回復を促します。
当院では下記治療機器の中から医師の診察により患者様にあった治療機器を判断し治療を行い、早期の改善、回復をおこないます。

治療機器名

1.SSP療法器

SSP療法とは「SSP電極を”ツボ”に置き、低周波通電を行うツボ表面刺激法」のことをいいます。銀メッキを施した円錐形状の金属電極を使用し、皮膚に吸い着くようになっています。皮膚に鍼を刺した状態に近づけ鎮痛効果を計ります。また、鍼を実際に刺すわけではないため痛いというイメージがなく、安心感を与え、皮膚に刺さないため滅菌の必要がなく、細菌感染などの心配がありません。そして、治療法が極めて簡単です。圧痛点に電極を配置するだけでも効果があり、徐々にツボの位置を把握し疾患に応じて組み合わせていけば、さらに高度な治療が可能となります。

SSP

 

2.干渉波

干渉波治療器とは2つの導子(体に直接付ける電極)から4000Hz前後の異なる周波数の電流を流し、体内で交差(干渉)させ、患部に干渉電流を発生させて、その刺激を利用する治療法です。筋肉を収縮、拡張させ、そのポンピング作用により筋肉をほぐし、血流を促進させて、痛みの緩和を図ります。低周波と比べ皮膚抵抗が低いため通電の際の痛みを感じにくく、体内の深い部位まで流れます。

 

干渉波

 

3.極超短波治療器

極超短波(マイクロ波)は、周波数2450MHzのマイクロ波を患部に当てることにより、電子レンジの原理で血流を改善し、新陳代謝を促進し、痛みの治療に用います。生体の深部組織から温め、特に水分をよく含む筋膜付近を温めるという生理作用があります。 しかしマイクロ波は金属をよく加熱することから体内にペースメーカ、金属類が入っている患者さんに対しての使用は、禁忌事項になっています。

 

マイクロ

 

4.温熱療法​(ホットパック)

ホットパックには湿熱式と乾熱式がありますが、ふじた医院では湿熱式を使用しております。

湿熱式は、保温性の高いシリカゲルやベントナイト等を厚い木綿の袋に入れ、パック状にしたものを加温器(ハイドロパッカー)で80~85℃の温度で15分以上加温してバスタオル等で包み、患部にベルト等で取り付ける方法です。皮膚温が最高に達するのは治療開始から7~12分後で、5~10℃上昇します。

ホットパック療法を行うと、血管拡張作用のあるヒスタミン様物質の分泌等により皮膚の毛細血管が拡張して、血流改善につながります。血行が促進することで痛みの産物であるヒスタミン、ブラディキニンが除去され痛みが軽減され、皮膚温度受容器の熱刺激により、筋紡錘の活動が低下し一過性の筋緊張が軽減されます。

 

 

ホットパック

 

5.医療用ベット型マッサージ器

6.牽引機

一定時間・一定の力で秒単位の牽引と休止を交互に行う「間歇牽引」が採用されています。方法としては、まず牽引器に腰掛け、ワキと骨盤部を固定してヒザを曲げた状態のままリクライニングします。10~15分ほど脚の方へ断続的に自動で牽引を行います。
牽引する力は体重の3分の1を目安にし、痛みが出ないように調整しています。なお、牽引療法は急性時には行わず、炎症や痛みがある程度落ち着いてから行うようにします。

牽引

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、多度津町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年間にわたり、のべ1万件の交通事故患者様を診察し、治療してきた実績をもとに、交通事故治療の整形外科専門医が痛みの根本原因を明確にし、リハビリテーションによる機能改善までトータルサポートする整形外科病院です。