香川県善通寺の内科、胃カメラ、大腸カメラ、交通事故治療、整形外科、外科ならふじた医院

苦しくない胃カメラで胃がん・食道がんを早期発見!!

苦しくない胃カメラで胃がん・食道がんを早期発見!!

胃カメラのイメージは「つらい」「苦しい」「おえっとなる」というイメージではないでしょうか?
カメラ自体も細くなったり、鼻から検査ができるようになり、ふじた医院では苦しくない胃カメラ検査を実施しています。ではなぜ、胃カメラ検査をしないといけないのでしょうか?

目次

胃カメラの目的は?

胃カメラ(上部消化管内視鏡)は、食道十二指腸に起きる炎症や出血・腫瘍などの病気を見つけだし、適切な治療法を決定するために行います。

検査の際に粘膜の表面組織を採取し顕微鏡検査に回すことができます。診断のほかに止血や早期腫瘍性病変の切除にも利用されています。

バリウムとの違いは?

バリウム検査レントゲンを使って形を見る検査です。

胃カメラ直接粘膜を目で見る検査です。

胃カメラには更に胃粘膜の一部を採取する機能があります。色調や凹凸を観察して、怪しげな部分から粘膜の一部を採取し、病理医に顕微鏡診断を依頼することができます。胃がんなどの診断確定には圧倒的に有利な検査です。

胃カメラは、組織を目で見ることと組織を採取できることが強みです。

一方、集団検診の王道であり精密検査でもある胃バリウムですが、多くの人が効率よく検査を受け、一定の水準で病気を見つけ出す手法です。

ただし、胃バリウムで異常が見つかった場合には、最終的に胃カメラで確定診断をしなければなりません。

胃カメラ検査だけでダメな場合

精密検査としてのバリウム検査は胃カメラで足りない情報を補える重要な道具です。

バリウム検査は決して時代遅れの検査ではありません。バリウム検査はレントゲンを使いますので、ごくわずかなX線を浴びることになりますが、健康に影響をうけることはありません。

胃カメラは出血部位に薬品を散布し、電気凝固による止血処置することも可能です。胃や食道などの病気が疑われるとき、胃カメラで見ておけば何かあったときに診断確定や初期治療に繋がりやすいといえます。

胃カメラはなぜ苦しいの?

口から入れる経口内視鏡で一番つらいのは喉をカメラの先端が通過するところです。

思わず「オエッ」となって、カメラが先に進まなくなることがあります。

「オエッ」の感覚があるから皆さん胃カメラを避ける傾向にあるのかもしれませんね。

胃カメラは口からしかできないの?

最近は口から入れるよりも楽な経鼻消化管内視鏡(鼻からの胃カメラ)が普及してきました。

当院でも鼻から入れるカメラが好まれています。

経鼻消化管内視鏡は鼻から挿入するために開発された細くて柔らかい胃カメラです。

特徴としては「オエッ」となりにくい仕組みになっています。

鼻から入れるなんて聞くと、つらそうなイメージを受けます。

鼻からと口からの両方の胃カメラをうけたことのある人の9割以上が、「鼻からの方が楽だった」という声があります。
鼻からの胃カメラではこの「オエッ」となる感覚が遥かに少ないようです。検査を受けている間も口の中にカメラがありませんので、普通に会話することもできるので検査に使う注射を減らすことができます。

苦痛が少ないために、鎮静剤を使う必要も少なくなります。

また、口から入れる場合よりも、胃の蠕動運動が起こりにくいようなので、最近は鎮痙剤(胃の動きを抑え、分泌物も減らす注射)を使わない方法を行っています。

検査の為に使う薬が少なくて済むということは、副作用の危険性を減らすことにつながり、費用の面でも負担が軽減されます。

鼻からの胃カメラだけでOK?

ただし、経鼻内視鏡がすべての面で経口内視鏡を凌駕するわけではありません。

経鼻内視鏡は細く作られているため、先端に付いているカメラレンズは小さくなり、照らし出すライトの光量も少なくなります。

画質的にはより太い経口内視鏡に比べて不利です。

ポリープや早期がんの切除、止血処置などにも向いていません。現時点では適材適所で使い分ける必要があります。

まとめ

胃がんの発生頻度が高い日本では、いかにして早期胃がんを見つけるかがとても重要とされて来ました。早ければ早いほど生存率が高まり、治療の規模も小さくなります。

一般に早期がんは症状が乏しいので、発症しやすい年齢の人をなるべく多く検査する集団検診が重要になります。

善通寺市でも毎年6月~10月まで特定健診がありますので胃がんの早期発見で健康に過ごしませんか?

特定健診についてはこちら

善通寺・丸亀 かかりつけ病院といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
交通事故の治療方法
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、坂出市、三豊市、観音寺市、高瀬町、琴平町、財田誘導町、宇多津町、まんのう町、多度津町など広い範囲からお越し頂いております。
30年間にわたり、のべ1万件の交通事故患者様を診察し、治療してきた実績をもとに、交通事故治療の整形外科専門医が痛みの根本原因を明確にし、リハビリテーションによる機能改善までトータルサポートする整形外科病院です。