香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

蕁麻疹ってどんな病気?原因や症状、対処法について

ある特定の食品を食べたり、虫に刺されたり、特定の植物などに触れてしまうことで蕁麻疹が出たことはありませんか?

蕁麻疹の70%が原因不明とする説もありますが、多くは個々の体質によって発現するアレルギー反応です。突如発生するかゆみや痛みに対応するためにも、蕁麻疹の知識を身につけておくことが大切です。

 

今回は、蕁麻疹の原因や症状、対処法についてお話していきます。

なお、香川県にあるふじた医院では、蕁麻疹の治療を行っています。

香川県に住んでいて、蕁麻疹の症状に悩まされている人は、ぜひ当院へお越しください。

▼▼蕁麻疹のご相談はこちら▼▼

0877-62-0555

目次

蕁麻疹が出る仕組み

蕁麻疹は、さまざまな要因によって入ってきた物質を、体内に存在する免疫系が身体に対して危害を加える「異物」だと判断することで発生します。

簡単に説明すると、免疫系のシステムが防御反応をしている状態のことです。

この現象は、一般的にアレルギーと呼ばれます。

このシステムによって起こされるのは、蕁麻疹だけではありません。

気管支喘息や花粉症などもほぼ同様の発症機序です。

 

個々の体質が認識する「外部からの異物」は、人によって異なり、アレルギーが全くない人も沢山います。個々が認識する外部からの異物のことを「アレルゲン」といい、乳製品小麦ブサクサスギ花粉ソバダニカニ等などの数十種類が挙げられます。

とても多くのアレルゲンがありますが、自分がどのアレルギーを持っているかは採血で分かります。

気になる場合は、医療機関で採血を行い、自分が何のアレルギーを持っているのを知っておくといいでしょう。

 

アレルゲンが侵入してくると、免疫反応としてヒスタミンという物質が反応します。

このヒスタミンは、これ以上異物が侵入してこないように、鼻水や涙を分泌させたり、毛穴を塞いだりして対抗します。

蕁麻疹で皮膚が赤くなったり、ボツボツができたりするのは、見栄えは悪いかもしれませんが、このヒスタミンによる働きです。

蕁麻疹の主な原因

蕁麻疹の原因は、食品によるアレルギー植物によるアレルギーがほとんどです。

人によっては、感染、運動、気温や日光、その他の刺激などによって、蕁麻疹のような皮膚症状を体験したことがあるかもしれません。

しかし、そもそも蕁麻疹とは異物侵入による免疫反応というのが定義となっています。

例えば、肌がデリケートな人は、日光によって皮膚が荒れることを「日光アレルギー」などと呼び、蕁麻疹と同じものと思われていることも多いでしょう。

ただ、医学的には「日光皮膚炎」というカテゴリにあり、蕁麻疹とは異なります。

他の運動や感染、刺激についても同様で、蕁麻疹のような皮膚症状が出たとしても、アレルゲンの侵入でない以上、医学的には蕁麻疹と呼ばず、治療法も異なります。

ただし、前述で触れたように、「日光皮膚炎」などのように蕁麻疹に似た疾患はなど数多くあり、蕁麻疹でなければ治療法も違ってきます。

蕁麻疹の判断材料は、主に発症するまでの時間とかゆみが継続する長さが挙げられます。

発症する原因として多い傾向にあるのは、食事をした後や薬品や化学的なものや薬品に触れた後でしょう。

また、温度差の激しい環境下にいた後や、ストレスなどによって疲労していると発症の原因となります。さらに、蕁麻疹のかゆみ自体がストレスとなることもあり、悪循環に陥ることもあるでしょう。

食物アレルギーによる蕁麻疹は、食材を食べてから30分~1時間以内に発症します。

発症した際は、蕁麻疹を発症した30分以前に食べたものを確認し、原因を探ることが重要です。

温熱蕁麻疹や寒冷蕁麻疹の場合だと、入浴後、冬の冷たい風にあたった後などに発症することが多いでしょう。

蕁麻疹の種類

蕁麻疹にはアレルギー性非アレルギー性があります。

アレルギー性に関しては、前述でも説明しているため、既に知っている人がほとんどかと思いますが、非アレルギー性は聞き慣れていないでしょう。

 

非アレルギー性蕁麻疹の定義は医師によって大きく異なります。

例えば、サバなどの青魚の鮮度が落ちるとサバの肉中にヒスタミンが発生します。

これを食することで蕁麻疹の症状が出た場合、これを非アレルギー性蕁麻疹と位置付ける医師もいます。

また、「物理的蕁麻疹」と呼ばれる擦れや、圧迫、気温差、日光、振動などといった、物理的刺激により起こる蕁麻疹を「非アレルギー性蕁麻疹」と呼ぶ医師もいます。

さらに、蕁麻疹の症状が短期なのか、慢性的に症状が出ているのかによっても区別しています。

慢性的に症状が出ている場合はストレスなど心因性の場合も多く、この場合は当然ながらアレルゲンは検出できません。

このように、蕁麻疹は「日本皮膚学会」などの専門学会が監修した治療方針やガイドラインがあるにも関わらず、医師によって比較的解釈の幅が広い珍しい疾病です。

蕁麻疹の主な症状

蕁麻疹が発症すると、部分的に皮膚が盛り上がって赤みを帯びる膨疹(ぼうしん)ができ、肌が熱くてヒリヒリするような感覚とかゆみが出ます。

ほとんどの場合、かゆみの度合いが強く、かいてしまうことが多い傾向にあります。

かいてしまうと、一時的な症状軽減が見られますが、すぐにもっと強いかゆみが襲ってくるので、注意しましょう。

また、蕁麻疹の範囲も広がる恐れがあるので、なるべくかかないようにしましょう。

 

蕁麻疹のかゆみは、ほとんどの場合24時間以内に治まるので、かかなければ何事もなく症状が治まるでしょう。

急に蕁麻疹が出たらどうする?

蕁麻疹ができる原因は複数あり、蕁麻疹が出た原因によって対処方法も異なります。

アレルゲン食物による蕁麻疹

アレルゲン食物によって発症した場合は、アナフィラキシーに発展する可能性があるので、異変を感じた段階からすぐにかかれる医療機関を探し始めることをおすすめします。

アレルゲン食物以外による蕁麻疹

それ以外の蕁麻疹は生命に関わるほど重篤化することはほとんどありません。

あらかじめ、ステロイド(副腎皮質ホルモン)やヒスタミン軟膏を医療機関から貰っておき、それを塗ると良いでしょう。

常備薬として複数本欲しいとお願いするといいでしょう。

応急処置が終わったら安静にして、自分の体調の様子をよく確認してください。

お風呂に入るなど身体を温めることは、血液循環が良くなり、アレルゲンや毒素の循環を促進する可能性があるので避けてください。

日常生活で気をつけたいこと

蕁麻疹はさまざまな原因で起こるもので、誰でも突然発症することがあります。

そのため、「自分のアレルゲン物質は何なのか」ということを認識しておき、それらのアレルゲンが食材のなかに含まれていないかよく確認するのが大切です。

また、ストレスを抱え込まないことも大切です。

日常的にストレス発散を行い、蕁麻疹の予防をしましょう。

 

万が一、重篤なアレルギーが起こる可能性があるなら、「エピペン」を持っておきましょう。

エピペンは、重篤なアレルギーショックの際に、自分または周囲の人が注射する携帯薬剤で、一般人の投与が認められているものです。

アレルゲンの種類が多く、近くに医療機関がない人は携帯を検討しましょう。

病院での蕁麻疹治療について

軽度な蕁麻疹では、ステロイド(リンデロン軟膏など)や抗ヒスタミン剤(オイラックスH)が入ったかゆみ止め軟膏を処方されることが多いでしよう。

また、同様にステロイドや抗ヒスタミン剤、解毒剤が入った内服薬が処方されることもあります。

蜂や虫に刺されてしまった腫れも広義では蕁麻疹であり、アレルギーショックです。

最近では、牛乳やパン(小麦)にアレルギーがあるにも関わらず、給食の配膳ミスで小学生が命を落としてしまった事故が何件かありました。この事件は、蕁麻疹と同じ反応が急激に進み対処が遅れてしまったことで起こったものです。

意識を失うほどの急激なアレルギー反応を「アナフィラキシー・ショック」といい、直ちに気道を確保し、「エピペン」や「ジヒドロコーチゾン」などのステロイド投与を開始しないと生命に関わります。

蕁麻疹は早めの診察が大切

蕁麻疹は、ほとんどの場合早く治まりますが、長く続くと辛い疾患です。

蕁麻疹になった際、症状が長く続く場合には、病院にて診察および適切な治療を受けることをおすすめします。

また、自身のアレルゲンを知らない場合、食後などにいつもとは違う体調や異変に気が付いたら、家族などに異変を伝え、早めの診療を受けることも大切です。

ふじた医院の蕁麻疹治療

蕁麻疹を防ぎ、起こったとしても早急に対応するには、自分のアレルギーを理解しておくことが重要です。

万が一、重篤な症状が起こった場合には、病院で適切な治療を受けなければなりません。

 

香川県のふじた医院では、蕁麻疹の診察および治療を行っています。

香川県に住んでいて、蕁麻疹で悩んでいる人は、ぜひ善通寺にある当院へお越しください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。