香川県 善通寺 丸亀 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 交通事故治療 整形外科 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

香川県内で胃腸の調子が悪い方へ。検査を行うならふじた医院

最近、「胃腸の調子が悪いな」とお悩みだということはありませんか?

胃腸はストレスや食事、運動不足などさまざまな生活習慣の影響を受けやすい臓器となっていて、自覚症状がみなれなく知らず知らずのうちに症状が進行している場合があります。

そのため、胃腸のことで不安なこと心配なことがありましたら、早いうちに病院で胃腸検査を行うことが大切です。

定期的な検査を受けて常に体内状態を把握しておくことで、病気なく健康で過ごす習慣を身につけることができます。

 

そのため、少しでも違和感がありましたら、病院へ行き医師へ相談するようにしましょう。

香川県内で胃腸検査を検討される方はぜひふじた医院までお気軽にお問い合わせください。

 

詳しい胃腸検査についてはこちら

 

▼▼胃腸検査の予約・お問い合わせ▼▼
電話:0877-62-0555

 

今回は胃腸検査を行うことで得られるメリットやふじた医院で行う検査を受けるメリットについて解説していきたいと思います。

胃カメラ

目次

どのように調子が悪い?それは胃腸の病気初期症状かも?!

一般的に胃腸など消化器系の臓器は、炎症や潰瘍が起きても初期段階では自覚症状がほとんどない場合が多く、「気が付いたときには、病気は進行していた」ということは珍しくありません。

そのため常に健康状態に目を向け、不調や違和感がないかということをチェックすることが大切です。

 

では、実際に最近気になる症状にどのようなものがありますか?

普段はあまり、気にしていないようなことでも、もしかしたらそれは胃腸の病気の初期症状かもしれません。

主に胃腸の病気の初期症状として起こることは下記の通りです。

1.口腔でみられる症状

・げっぷ
・呑酸(どんさん:口の中が酸っぱくなる)
・吐き気
・嘔吐
・喉のつかえ感
・喉の違和感など

 

2.胸部でみられる症状

・胸やけ
・胸の痛み
・みぞおちの痛みなど

 

胃でみられる症状

・胃もたれ
・食欲不振
・胃の膨張感など

 

その他の症状

・腹痛
・お腹の張り
・便秘
・下痢など

 

胃腸の調子が悪ければ検査をしよう!検査で得られるメリット

上記のような症状が気になるということがありましたら、一度胃腸検査の診察を受けることをおすすめします。

 

「自分は病院で検査するほどの症状ではないだろう」と思っている方も多くいると思いますが、早期胃腸検査をすることで、さまざまなメリットがあります。

 

早期に胃腸検査をすることで病気の早期発見ができる

胃腸はストレスや生活習慣が影響して、病気になることが多いため現代社会では悩まれている方がたくさんいます。

先程もお伝えをしたように、消化器系の臓器は初期症状の自覚がないことはほとんどです。

胃腸検査を行うことで病状の悪化前に発見し、早期治療改善を可能とします。

20代・30代といった若い年齢の人でも、病気にかかるリスクがあるため年齢問わず早期検査および定期的(1年に1回)な検査を行うようにしましょう。

 

胃腸の病気はどういったものがあるの?

 

胃腸の病気はさまざまな症状があります。

代表的な症状はとして、

・逆流性食道炎 (詳細はこちら

・急性胃炎や慢性胃炎 (詳細はこちら

・胃潰瘍 (詳細はこちら

・ピロリ菌 (詳細はこちら

などが挙げられます。

 

上でお伝えした、「胃腸の病気の初期症状」に該当し検査を受けてみたら、これらの胃腸病気が発見されることが多くあります。

胃腸の病気は重い病気にならないよう、前もって治療することが大切になります。

 

胃腸の病気を早期発見するメリット

 

胃腸の病気の多くは、進行して深刻化すると、

・食道がん (詳細はこちら

・胃がん (詳細はこちら

につながるリスクを高めてしまうといわれています。

がんは、進行すると命に関わる病気のひとつですが、胃腸検査を行い早期発見することでさまざまなメリットがあります。

 

早期検査をすることで命を助ける

胃腸検査でがんのリスクになる病気がないか発見することができます。

胃腸に関係するがんは早期発見・治療することで生存率を高めてくれます。

このことから胃腸検査は救命に役立つといえるでしょう。

 

検査で発見された早期がんは治療が行いやすい

胃腸検査は現在大きな病気にかかっている人ではなくて、「健康を維持したい。」「健康を心配している。」という方がほとんどです。

そのため、大きな病気になる前に診断をしておけばがんが見つかったとしてもまだ初期段階です。

一般的にがんは治療が難しいと知られていますが、「まだ軽度の場合」「他の臓器に転移していない場合」は、比較的にスムーズな治療を行え、治すための治療がしやすいということがあります。

 

安心して生活を送ることができる

 

「自分は何か病気かもしれない」「がんなど重い病気にかかっていないかな」など心配があると、毎日が不安になってしまうということもあるでしょう。

胃腸検査を受診して「異常なし」と判定されれば、安心していつも通りに過ごすことができます。

 

胃カメラで胃腸検査をしよう

胃腸検査を行にはいくつかの方法があります。

代表的な検査方法として、

  • ・口から胃カメラを入れる経口内視鏡検査
  • ・鼻から胃カメラを入れる経鼻内視鏡検査
  • ・鎮静剤を用いた胃カメラ検査

があります。

これらは年に1度は検査をすることをおススメしています。

それぞれの検査には特徴があります。

 

経口内視鏡検査の特徴

経口内視鏡検査では、口から内視鏡を入れるので「オエッ」となり気持ち悪く、検査中はお腹の張りが強くます。

ただ、内視鏡をある程度の大きさに保つことができるため、画質など性能がよく、精度の高い検査を受けることができます。

 

経鼻内視鏡検査の特徴

経鼻内視鏡検査では、喉にカメラがふれないので反射的に「オエッ」となることはありません。また口・喉が確保されているため、比較的呼吸がしやすく声も出すことができることから、経口内視鏡検査よりも負担の少ない検査となります。

ただ、経口内視鏡検査よりも内視鏡が小さいので、まだまだ画質の性能が低いことがあり、精度は若干落ちてしまう傾向があります。

 

鎮静剤を用いた胃カメラ検査

鎮静剤を用いることで、ウトウトと眠っている間に胃カメラ検査を受けることができます。

実際に体験してみると分かりやすいのですが、気が付いたら検査が終わっていたというほど苦しくない検査となっています。

ただ、鎮静剤を用いるときに、鎮静作用に個人差があります。適切な量でないと身体に負担となってしまうことがあることから、正確な医療技術が必要となります。

そのため、病院によっては鎮静剤を用いた検査をしていないところもあります。

 

香川で胃腸検査をするならふじた医院

病気なく毎日健康に過ごすためには「定期的な身体の検査」と「病気がある場合は適切な治療を行うこと」が大切です。

 

ふじた医院では安心して胃腸検査を受けていただけるように心がけた診療を行っています。

さまざまな胃腸検査があるなかで、

患者さまのご様子や体調、ご要望に合わせながら

  • ・経口内視鏡検査
  • ・経鼻内視鏡検査
  • ・鎮静剤を用いた胃カメラ検査

で胃腸検査を行うことができます。

 

香川県内で胃腸検査を受けたいとお考えの方はぜひふじた医院にお気軽にお問い合わせください。

 

詳しい胃腸検査の診察内容についてはこちら

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、多度津町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。