香川県善通寺丸亀の消化器内科、胃カメラ、大腸カメラ、交通事故治療、整形外科、肛門科ならふじた医院

香川で胃がん検査をするならふじた医院へ!

といった消化器官のがん発症率は非常に高い傾向にあります。

そのため身体の健康が気になる方は、定期的に消化器官のがん検査の受診を検討されていることかと思います。

医師の立場からしても、がん検査を受診することはとても大事であり、胃や腸に違和感がある場合は特に注意が必要です。もし不調がある場合は原因を早期発見して、早期治療を行うことが大切です。

特に胃はストレスや食生活の乱れにより負担をかけ過ぎると影響をうけやすく、初期の段階では痛みなどの自覚症状が出ないという特徴があります。

そのため胃がん検査を定期的に行うことはとても重要です。

 

香川県内で胃がん検査を受けたいという方はぜひふじた医院までお越しください。

ふじた医院では中高年・高齢者問わずに胃がん検査に不安・心配を感じられている方みなさまに安心して検査を行える体制を整えています。

電話:0877-62-0555

腹痛の男性

目次

 

なぜ胃がんになってしまうの?

胃がんは胃の最も内側の壁にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になり増殖を繰り返すことで発症を起こします。

胃がん検査をすることで、がんの発生の有無を判断することができます。

胃がんの原因は何?

胃がんを発症する原因はさまざまな要因があるといわれています。

主に、

  • ・塩分の多い食事の過剰摂取
  • ・野菜・果物の摂取不足

などの食生活の乱れが関係しているということ。

  • ・毎日の生活のストレス
  • ・飲酒・喫煙からの影響

などの生活習慣の乱れが関係しているということが指摘されています。

また、胃がんは食生活の乱れ生活習慣の乱れの他に、近年ではピロリ菌と密接に関係しているという研究報告がされています。

胃がんの原因といわれているピロリ菌

ピロリ菌とは「ヘリコバクター・ピロリ」という胃の粘膜に住み着く細菌で、胃の中で悪さを起こします。

今まで胃の中は胃酸があるので細菌は存在しないと考えられていましたが、このピロリ菌の発見以降さまざまな研究がされて胃がん・胃炎・胃潰瘍など胃の病気に影響をしているということが現在明らかにされています。

そして、このピロリ菌の感染は日本人全体で2人に1人(50%)と考えられており、とても身近な細菌であるといえます。

なぜピロリ菌の感染率が高いの?

ピロリ菌の感染はほとんどの場合、幼児期に感染するといわれており、大人になってからピロリ菌に突然感染をするケースは稀であるとされています。

日本人の胃の中にはピロリ菌が生息していますが、なぜ感染をしているのか侵入経路についてはっきり判明していません。しかし、感染経路の可能性として口から口の感染飲料水からの感染があげられています。

具体的な話をすると日本人の60歳以上の高齢者の過半数以上はピロリ菌に感染しているという想定がされていて、ひと昔前までは真水を口にしているなど飲料水からの感染するケースがありました。

現在では上下水道の完備が当たり前になっている日本なので飲料水からの感染は考えられませんが、ピロリ菌を持っている大人が小さい子供への口移しをすると感染するといった原因となることが有力となっています。

ピロリ菌は除去したほうがいいの?

ピロリ菌は一度胃の中に住み着くと除去をしない限りずっと胃の中に居続けてしまいます。

胃がん・胃炎・胃潰瘍に影響をもたらすピロリ菌を除去することで胃がんなどの病気の発症リスクを減らすことが可能となります。

そのため、早期胃がんが発見された人は、ピロリ菌を除去することで胃がん予防に効果があるとされています。

ふじた医院では香川で胃がん検査をお受けしています。

ピロリ菌除去や胃がん治療なら、ふじた医院までお問い合わせください。

ふじた医院の胃がん治療について

胃がんの可能性がある初期症状が出たら注意が必要

胃痛の男性

胃がんは初期段階で自覚症状が出ることは少ないです。そして進行が進んでいても症状があらわれない場合もあります。

初期症状としてあらわれるとすると、代表的な症状に

  • ・胃の痛み
  • ・胸やけ
  • ・胃の不快感・違和感
  • ・吐き気
  • ・食欲不振

などがあげられますが、これは胃がん特有の症状というわけではありません。

これらの症状は胃潰瘍・胃炎などでも起こりえます。

ただし、食べ物がつかえるようになったり、体重が減るといった症状がみられたりする場合は胃がんが進行している可能性があるため、早めに病院に受診する必要があります。

また、胃炎・胃潰瘍の場合でもピロリ菌によって胃がんへと進行する可能性も否定できませんので、胃の異変が気になるということがありましたら早めに医師に相談するようにしてください。

消化器官のがん検査はどういった方法があるの?

ピロリ菌

胃がん、大腸がん、食道がんなど消化器官のがん検査は、胃カメラや大腸カメラによる内視鏡検査にて行うことが一般的です。

消化器官のがんは初期症状が出ないケースが多いので、早期発見をして適切な治療を行うことが大切といえます。

内視鏡検査が不安・心配な方へ

初めて胃カメラ・大腸カメラといった内視鏡検査を受ける方、ご高齢の方などはどのような検査なのか?不安や心配を抱かれていると思います。

そのような方が香川県内で胃がん検査をする際はぜひふじた医院にお越しください。

ふじた医院では苦痛が最小限で済んで安心して検査を受けていただけるように心がけて対応しています。

また苦痛がまったくない、鎮痛剤を用いた内視鏡検査も行っています。鎮痛剤の作用で寝ている間に検査を行うことが可能となります。

そのほかにも1泊2日の入院での胃カメラ・大腸カメラの内視鏡検査を受けております。

胃がん・大腸がん・食道がんなどの消化器官の検査を受けたいけど不安・心配がある方はぜひお気軽にご相談くださいね。

 

胃がん検査をするべきか悩まれている方へ

胃がん検査を受診するか悩まれている方で、

  • ・胃痛・胸やけ・吐き気など胃の違和感や不快感が続く場合
  • ・みぞおちあたりの痛みが続く場合
  • ・健康診断で胃カメラを勧められた場合
  • ・貧血の症状がある場合
  • ・過去に食道や胃、十二指腸の治療をされたことがある場合

 

などは、胃カメラ検査を受診することをお勧めします。

胃がんは早期派遣・早期治療を行う必要がありますので、上記該当のある方は医師に相談をするようにして下さい。

香川県内で胃がん検査の受診をお考えの方はふじた医院までお問い合わせください。

 

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、多度津町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。