香川県善通寺丸亀の消化器内科、胃カメラ、大腸カメラ、交通事故治療、整形外科、肛門科ならふじた医院

風邪かと思ったらアレルギーだった!? 冬は寒暖差アレルギーに要注意!

いよいよ今年も冬の寒い時期が近づいてきました。この時期になると、鼻水・くしゃみ・喉の痛みなどを訴える人が多くなってきます。実はそれらの症状が風邪ではない場合があることをご存知でしょうか? 今回は寒暖差アレルギー症状・対策・治療方法についてお話します。

マスクの男の子

目次

 

毎冬起こる風邪のような症状は寒暖差アレルギーかもしれません

 

寒暖差アレルギーとは名前の通り”寒暖差によって起こるアレルギー症状”のことを指します。

寒暖差アレルギーは季節の変わり目に起こりやすい症状です。急激な温度の変化に体が対応することができず、「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・咳・喉の痛み」など、風邪に似たような症状が出ます。

多くの人がこの、寒暖差アレルギーという症状のことを知らず、毎年、寒暖差アレルギー症状が出ているにもかかわらず、「風邪かな?」と原因を風邪で済ませている人が多いのが現状です。

とくに昨今は電車内や屋内の暖房がしっかりと効いているため、日常生活における寒暖差が激しく、寒暖差アレルギーの症状を引き起こしやすい環境になっています。

 

寒暖差アレルギーと風邪を見分ける方法とは?

はてな

寒暖差アレルギーと風邪を見分けるためにはいくつか方法があります。

 

<熱があるかどうかで判断する>

寒暖差アレルギーは先にお話したように、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・咳・喉の痛みなどの症状が中心であり、熱が出ることは滅多にありません。

もしも熱が出た場合は寒暖差アレルギーではなく、風邪やそれ以外の症状を疑ったほうがいいでしょう。

 

<鼻水がサラサラしている>

寒暖差アレルギーでよく出る症状のひとつである鼻水ですが、寒暖差アレルギーの場合、鼻水は”水のようにサラサラとしています”

風邪の鼻水はドロッとした粘り気がある鼻水や黄色っぽい鼻水が出ます。鼻水の状態によって寒暖差アレルギーか風邪なのか、判断する指標のひとつになります。

 

<朝や夜に症状が悪化しやすい>

寒暖差アレルギーは気温差が激しいときに症状が出やすいアレルギーです。冬場の朝と夜はとても冷え込むため、この時間帯に症状が悪化するケースが多いです。

気温が安定している昼間は問題ないのに、朝と夜はどうも調子が悪い場合は、寒暖差アレルギーの可能性を疑ったほうがいいでしょう。

 

寒暖差アレルギーを引き起こしやすい人の特徴とは?

寒がる女性

気温差が激しいのは皆、平等なはずなのに、どうして寒暖差アレルギーを引き起こす人と引き起こさない人がいるのでしょうか?

基本的に寒い冬は運動不足や年末年始の飲み会などによる暴飲暴食など、身体の免疫力が低下しがちな季節です。

免疫力が低下すると、私たちの身体は様々な症状を引き起こしやすい状態になってしまいます。そのため免疫力が低下している人は寒暖差アレルギーも引き起こしやすいのです。

また、不規則な生活は自律神経の働きが乱れてしまいます。昼夜逆転している人や仕事・家事・育児が忙しい人などは寒暖差アレルギーになりやすいため、注意が必要です。

 

寒暖差アレルギーを治療するためにはアレルギー科または耳鼻咽喉科へ行きましょう

 

もしも自分が寒暖差アレルギーかもしれないと思った場合は近くの病院のアレルギー科(または耳鼻咽喉科)へ治療を受けに行きましょう。

ただし、寒暖差アレルギーに関しては具体的にこれが絶対に効きます! という治療方法はなく、免疫力の向上や自律神経を整えるための処置が行われる場合が多いです。症状によっては投薬療法も行われますし、鼻水があまりにもひどい場合は手術(レーザー手術や凝固手術)が有効なケースもあります。

また、個人差はありますが、生活習慣等を見直しながらの治療になることもあるため、病院へは長期間、通うこともあります。

寒暖差アレルギーを治療する場合は、なるべく自宅から近い病院を選んだほうがいいでしょう。

 

寒暖差アレルギーの対処方法と予防策

 着ぶくれの女性

 

<軽い運動でストレスを解消させる>

適度な運動は免疫力を高めると同時にストレス解消に役立ちます。寒い冬だからこそ、軽い運動をすることを意識するようにしましょう。

また、外に出て運動するのは難しいという人は部屋の中でできることでも構いませんので、体を動かすことを意識してみてください。

 

<暴飲暴食は控える>

年末年始は食生活が乱れやすい時期です。外食も増えますし、アルコールの量が増える人も多いでしょう。

付き合いがありますし、「年末年始ぐらいはいいだろう」という気持ちもわかりますが、過度に食生活が乱れるような行為は避け、バランスが取れた食事をすることが大切です。

 

<鼻うがいをしてみる>

鼻水がたくさん出るからといって、鼻のかみすぎは要注意です。強引に鼻をかんだり、鼻をほじったりしないようにしましょう。

鼻水がたくさん出るときや鼻がどうしてもむずむずする場合は、鼻うがいが効果的です。市販で販売されている鼻うがい薬でもいいですし、塩水でも対応できますので実践してみましょう。ただし、間違ったやり方をしないように注意が必要です。

また、鼻水をすすりすぎると、中耳炎になる可能性もあるので注意しましょう。

 

<自分の生活リズムを見直す>

夜型の生活は自律神経を乱す原因のひとつです。現在、夜型の生活になっている人は、朝型の生活になるよう生活リズムを調整しましょう。

 

寒暖差が激しくない県の人も注意が必要!

日本で寒暖差が激しい県といえば、やはり最低気温がマイナス30〜40℃にもなる北海道が激しいです。

例えば香川県では最高気温が32℃前後、最低気温が0℃前後というように、北海道と比べれば寒暖差が激しくありません。

ですが、現代においてはデパートやスーパーの室内では暖房がしっかりと効いており、寒暖差が激しくなりやすい状況があります。

 

  • 生活リズムが乱れていないか?
  • バランスがとれた食生活はしているだろうか?
  • 運動不足になりすぎていないだろうか?

 

規則正しい生活を送り、免疫力を高めておけば寒暖差アレルギーになりにくい身体をつくることができます。これからの寒い冬はとくに体調管理に気をつけるようにしましょう。

少しでも気になる方はお問い合わせください。

診療内容についてはこちら

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
交通事故の治療方法
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、多度津町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年間にわたり、のべ1万件の交通事故患者様を診察し、治療してきた実績をもとに、交通事故治療の整形外科専門医が痛みの根本原因を明確にし、リハビリテーションによる機能改善までトータルサポートする整形外科病院です。