香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

肩が痛くて上がりにくいときの対処法

肩が痛くて上がりにくいとなったときは、肩腱板断裂かもしれません。

肩腱板断裂は40歳以上の男性(男62%、女38%)、右肩に好発します。

発症年齢のピークは60代です。

○肩腱板断裂になる理由

腱板断裂の背景には、腱板が骨と骨(肩峰と上腕骨頭)にはさまれているという解剖学的関係と、腱板の老化がありますので、中年以降の病気といえます。
明らかな外傷によるものは半数で、残りははっきりとした原因がなく、日常生活動作の中で、断裂が起きます。
男性の右肩に多いことから、肩の使いすぎが原因となってことが推測されます。
断裂型には、完全断裂と不全断裂があります。
若い年齢では、投球肩で不全断裂が起こることがあります。

○肩腱板断裂の主な症状

肩の運動障害・運動痛・夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠がとれないことが受診する一番の理由です。

運動痛はありますが、多くの患者さんは肩の挙上は可能です。

○四十肩と五十肩の違い

四十肩と五十肩と違うところは、拘縮、すなわち関節の動きが固くなることが少ないことです。?
他には、挙上するときに力が入らない、挙上するときに肩の前上面でジョリジョリという軋轢音がするという訴えもあります。

四十肩と五十肩についてはこちら

○肩腱板断裂の治療法

急性外傷で始まった時には、三角巾で1~2週安静にします。
断裂部が治癒することはありませんが、70%は保存療法で軽快します。

保存療法では、注射療法と運動療法が行なわれます。

注射療法では、肩関節周囲炎を併発して夜間痛があると、水溶性副腎皮質ホルモンと局所麻酔剤を肩峰下滑液包内に注射しますが、夜間痛がなくなればヒアルロン酸の注射に変えます。

腱板のすべてが断裂することは少ないので、残っている腱板の機能を賦活させる腱板機能訓練は有効です。

運動療法では1~2週間安静にすることで筋肉が固まるため、肩関節包ストレッチを行なうことで安静時期に短縮した関節包を伸ばして肩関節にゆとりを作ります。肩周囲の固まった筋肉のストレッチを行ないます。
固まった筋肉が筋肉が伸ばされて肩の骨の位置が正常な位置に戻ることで肩が上がりやすくなり、あげたときにも痛くなりません。。
ある程度肩が上がるようになったら、初動負荷マシンのスキャプラーで何回することでさらに筋肉を柔らかくできます。。

○ふじた医院での治療

当院では、肩の治療で経験豊富なスタッフが在籍しております。

肩腱板断裂かな?と思ったら、
ふじた医院にて、診察・リハビリを受けてみてはいかがですか?

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。