香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

頚椎椎間板ヘルニアの症状とリハビリについて

交通事故やスポーツなどで悪い姿勢で引き起こされることがよくある、頚椎椎間板ヘルニアについて解説していきます。

○頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアになると、首や肩、腕に痛みやしびれが出たり(神経根の障害)、箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。

また、足のもつれ、歩行障害が出ることもあります(脊髄の障害)。

○頚椎椎間板ヘルニアの原因

背骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板が主に加齢変化により後方に飛び出すことによって起こります。

30~50歳代に多く、しばしば誘因なく発症します。
悪い姿勢での仕事やスポーツなどが誘因になることもあります。

○頚椎椎間板ヘルニアの症状

飛び出す場所により、神経根の圧迫、脊髄の圧迫あるいは両者の圧迫が生じます。
頸椎を後方や斜め後方へそらせると腕や手に痛み、しびれが出現(増強)します。
その他、手足の感覚や力が弱いこと、手足の腱反射の異常などで診断します。

MRIで神経根や脊髄の圧迫を確認し診断を確定します。

○頚椎椎間板ヘルニアの治療とリハビリ

痛みが強い時期には、首の安静保持を心掛け、頸椎カラー装具を用いることもあります。
また、鎮痛消炎剤の服用や、神経ブロックなどで痛みをやわらげます。
症状に応じて牽引療法を行ったり、リハビリを行います。

○ふじた医院独自の頚椎椎間板ヘルニアのリハビリ法

初動負荷マシンを使用したストレッチも効果的であり、頚椎のアライメントを整えることで頚椎への負担軽減を図るとともに、飛び出した椎間板の再吸収を促すことが出来ると言われています。

当院には、香川県で唯一の初動負荷トレーニングジムが併設されており、外来患者さんや入院患者さん、通所リハビリの利用者さんにもご活用頂いております。?

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。