香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

手の親指を広げたり、動かしたときに「痛いっ!」となったときの対処法

手を大きく広げたときとか動かしたときに親指が強く痛むそんな時は、ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)かもしれません。
一般的には腱鞘炎と言われているものです。痛みがあるときは正しく痛みがあるときは痛みの軽減や早期の回復につながります。今回は親指の痛みを伴う腱鞘炎の原因や症状などリハビリなどについて解説していきます。

◎ドケルバン病とは
◎なぜ親指が痛むのか
◎ドケルバン病になる原因
◎ドケルバン病のテスト法
◎主な治療法
◎ふじた医院での治療法

◎ドケルバン病とは

母指(親指)を広げると、手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。
ドケルバン病は、その母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある、手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎のことです。

手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。

◎なぜ親指が痛むのか

母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

①短母指伸筋腱(たんぼししんきんけん):主に母指を伸ばす働きをする腱の一本です。
②長母指外転筋腱(ちょうぼしがいてんきんけん):主に母指を広げる働きをする腱の一本です。
③腱鞘(けんしょう):①と②の腱が通るトンネルです。

◎ドケルバン病になる原因

妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。

手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。
特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいです。

◎ドケルバン病のテスト法

上記の部位に腫脹や圧痛があり、母指と一緒に手首を小指側に曲げると痛みがいっそう強くなることで診断します

(フィンケルシュタインテスト変法)。

正しくは母指を写真のように小指側に牽引したときに痛みが強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト)。

自分で調べるには手首を直角に曲げ母指を伸ばしたときに疼痛が増強するか否かで判定します(岩原・野末のサイン)。

◎主な治療法

治療には、局所の安静、投薬、腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)などの保存的療法を行います。
改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。

改善にはリハビリテーションが有効であり、腱鞘炎がおきている短母指伸筋腱と長母指外転筋の選択的ストレッチを行います。

また、局所の安静のため、スプリントを使用した手関節固定も有効とされています。

◎ふじた医院での治療法

母指を広げたり、動かしたりすると痛みが出るときは、ふじた医院にて診察・リハビリを受けてみてはいかがですか?
突然痛みが強くなった方、むちうちの痛みがなかなか引かない方、長年の痛みがなかなかとれない方は、一度、医師やリハビリスタッフにより痛みの根本原因を突きとめ、あなたの痛みの症状に合わせた、あなた専門の治療・リハビリ内容が行えるふじた医院に一度受診してみてください。

香川県善通寺市にあるふじた医院では、肘の痛みを伴う怪我や病気の治療を行っています。

隣接しているジムにて、初動負荷トレーニング?による治療やリハビリを受けることもできます。

最近では、身体の筋肉や骨の怪我、病気のリハビリに初動負荷トレーニング?をおすすめしています。

身体に無理のない範囲で行うことができるので、ぜひ実践してみてください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。