香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

切り傷に薬は平気?正しい応急処置や治療法

料理しているときや、外で遊んでいるときに、身体のどこかを切ってしまうことってありますよね。

思ったより傷が深そうであれば、血もなかなか止まらないでしょう。

この場合、放置するとさまざまな病気にかかる危険性が出てきます。

今回は、切り傷・切創を負ってしまったときの正しい対処法について解説していきます。

目次

炎症や化膿に注意!早めの処置が大切

切り傷を負ったとき、ついつい甘く考えてしまいがちです。

「ちょっと傷は深そうだけど血も止まったし、病院に行くほどでもないか」

そんな風に思って放置してしまうこともあるかもしれませんね。

実は、切り傷は重大な病気の原因になってしまうことがあるため、甘く見るのは禁物です。例えば、細菌による感染症。

そのため、切り傷を負ったときは、素早く応急処置をする必要があります。

消毒液はNG?切り傷に使える薬

一昔前まで、「ケガをしたら一刻も早く消毒液で消毒するのが良い」といわれていました。

なぜかというと、傷口から細菌が感染して化膿するのを防ぐには、消毒液を使えばいいと考えられていたからです。

しかし、今は消毒液を使わない傾向にあります。

理由として、以下の2点が挙げられています。

  • 消毒液が人体の細胞にダメージを与える
  • 消毒液で細菌を完全には除去できない

消毒液が人体の細胞にダメージを与える

消毒液は細菌を殺す作用がありますが、傷を一生懸命治そうとする皮膚の細胞にも少なからずダメージを与えます。

細菌も細胞と同じようにタンパク質を主成分として構成されており、消毒液は細菌と細胞を分けて攻撃してくれるわけではありません。

消毒液で細菌を完全には除去できない

消毒液を使ったとしても細菌を完全に除去できるわけではありません。

例えば、消毒によく利用されるアルコールですが、破傷風菌など一部の細菌には効果がないことが分かっています。

消毒液は使わないで保湿をしよう

長年の研究の成果により、傷口は消毒せず、汚れを流水で洗ってきれいにし、乾燥させないように保湿するのが良いということが分かってきました。

そこで、傷口を乾燥させないようなバンドエイドADやキズパワーパッドなどを上手に利用するのがおすすめです。

切り傷の正しい応急処置

切り傷の処置で大切なのは、止血と感染防止です。

ここからは、切り傷の止血から感染防止までの方法について、傷の度合いごとに解説していきます。

普通の切り傷

まずは、傷口をきれいに流水で洗い流します。

洗ってきれいにすることで感染防止だけではなく、傷の大きさを正確に把握することができます。

傷口をきれいに洗ったらすぐに患部を圧迫して血を止めます。

血が止まったら、乾燥を防ぐために、保湿効果のあるばんそうこうなどを貼りましょう。

大きな傷・深い傷

深い傷の場合、神経を損傷している可能性や、腱を傷つけている可能性があります。

適切な処置をしないと後遺症が残る危険もあるため、必ず受診するようにしましょう。

出血がひどい場合

太い血管を傷つけてしまった場合、出血がひどくなるため、素人では血を止めることができません。

出血が多いと命に関わる場合もあるので一刻を争います。

そのため、しっかりと圧迫して止血しながらすぐに病院を受診しましょう。

痛みが治まらない場合

しっかり手当てをしたにも関わらず痛みが治まらない場合、患部から感染している可能性や、異物が傷口に残っている可能性が考えられます。

出血が多いほど危険というわけではありませんが、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

細菌の感染に気をつけよう

ちょっとした傷の場合であれば、私たちの身体が持つ自然治癒力により、傷口は徐々に治っていきます。

ところが、傷口が汚れていたり、異物が残っていたりした場合、体内に侵入した細菌によって感染を起こしてしまうことがあります。

ここからは、切り傷によって起こす可能性のある感染症の種類を解説していきます。

破傷風

破傷風は、破傷風菌という嫌気性菌の一種が傷口から入ることによって起こります。

破傷風菌は、土壌や動物の糞で汚染された場所にいるといわれています。

破傷風菌による感染を起こすと菌が出す毒素により、命に関わることもあります。

ただし、3種混合ワクチンのなかに、破傷風に対するワクチンも含まれています。

子供の頃にワクチンを接種していれば、心配する必要はありません。

蜂窩織炎

蜂窩織炎は傷口から連鎖球菌が感染することによって発症します。

連鎖球菌のなかでも毒性の高い劇症型溶血性連鎖球菌は別名「人喰いバクテリア」ともいわれており、一度感染すると極めて危険な状態になります。

症状が軽かった場合でも、傷口が膿んで腫れたり、熱が出て苦しい思いをしたりすることもあります。

破傷風のワクチンについて

私たちの住む日本では、3種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風)または2種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)の定期接種を実施しています。

これらのワクチンは1回の接種では、充分な免疫を完成させることができないので、通常複数回に分けて接種します。

乳幼児期(生後3ヶ月から1歳)にまず3回接種し、しばらく間をおいて、もう一度接種します。

その後、免疫をしっかりと強固なものとするため、小学校高学年に2種混合ワクチンを追加接種します。

3種混合ワクチン(2種混合ワクチン)のなかには破傷風の毒素を利用したワクチンが含まれているため、20代まではしっかりと免疫が残っています。

しかし、30歳以上になると免疫が消失している可能性があるので追加で接種することをおすすめします。

とくに海外に旅行に行く場合や、台風や地震の被災地などにボランティアに行く場合、必ず事前に接種したほうが良いでしょう。

当院では主に3種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風)の予防接種を実施しております。

何科に行けばいい?病院での治療について

切り傷を負ってしまって病院を受診する場合、一般的には整形外科を受診するのがおすすめです。

整形外科というと骨折や捻挫の治療といったイメージが強いですが、切り傷も整形外科が一番得意とする分野です。

確かに、整形外科は骨や関節の専門家でもあるのですが、それらを取り囲む筋肉や腱、動かすための神経といった運動器全般もしっかり網羅しています。

例えば、切り傷で腱にまでおよぶ深いダメージを負った場合、腱を修復して動かせるように回復させるのは整形外科の分野です。

ただし、頭部や、心臓、肺、腹部の外傷の場合、整形外科の専門外なので注意しましょう。

切り傷の治療に関しては、傷口の縫合や、創傷被膜剤を用いた治療を行います。

縫合した後の縫合糸の抜糸や、ケガによって障害されたちょっとした動き(指など)の運動機能回復であれば、整形外科が担当します。

ふじた医院の切り傷・切創治療

切り傷や切創でも甘く見ず、感染症の恐れをなくすために病院へ行くことをおすすめします。

なお、香川県にあるふじた医院では、切り傷・切創の診察から治療を行っています。

切り傷や切創による感染症が恐いという人は、ぜひ香川県善通寺にある当院へお越しください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。