香川県善通寺の内科、胃カメラ、大腸カメラ、交通事故治療、整形外科、外科ならふじた医院

虚血性腸炎って何? 便秘から起こる、知っておきたい怖い腸の病気

腸というのはお腹の中に腸間膜という膜で固定されています。
そして、腸間膜の中に大事な動脈や静脈が走っていることで腸が活動できるようになっています。
この腸間膜にある血管に問題が起こることで発症するのが虚血性腸炎です。
虚血性腸炎は様々な原因で発症しますが、主に便秘が原因で発症します。
しっかりと病気に対しての知識をつけ予防に役立てるようにしましょう。

【目次】

虚血性腸炎の原因

虚血性腸炎の原因は腸に栄養を送る大小の血管の異常による「血流不足」です。
粘膜のごく一部に血流の不足が起こり、腸の粘膜の血液が不足してしまい、腸の粘膜が壊れてしまいます。このような状態が続いてしまうと腸の粘膜に炎症がでたり、潰瘍ができてしまい、様々なトラブルが起こるのです。

血流不足が起こる原因は主に便秘や動脈硬化です。
一般的には動脈硬化で血管が細くなっている部分に便秘が重なり、腸の内部の圧力が上昇することで血流の不足が起こると考えられていますが、そもそも血管の病気や血管にダメージが加わる糖尿病などの病気を抱えている方にも起こりやすい病気として知られています。

虚血性腸炎は血流の不足で起こるので、腸に栄養と酸素を送り届ける2つの動脈の移行部に当たる横行結腸と下行結腸の境目の部分は特に虚血性腸炎が起こりやすいと言われています。
このような状態がさらに悪化してしまうと動脈が完全に目詰まりを起こしてしまい、虚血性腸炎よりもさらに症状が重い腸間膜動脈閉塞症になってしまうので、注意が必要になります。

虚血性腸炎の症状


虚血性腸炎の症状は突然やってきます。
急激な腹痛と下血、下痢が特徴的な症状で、特に左側の下腹部に痛みが起こることが多いと言われています。
虚血性腸炎の下血は赤い色をした血液が排泄されることが特徴的で、症状が悪化してくると吐き気や発熱なども現れることがあるので、虚血性腸炎の経験がある方や、便秘が続いている方は虚血性腸炎を疑ってみるのが良いかもしれません。

虚血性腸炎の検査と診断

虚血性腸炎の検査は主に大腸内視鏡検査で行います。
直腸に繋がっているS状結腸という部分やさらにその奥にある下行結腸の部分に炎症やむくみがあったり潰瘍が見られる場合には虚血性腸炎を疑うことができ、注腸造影という検査を行うと粘膜がむくみ、腸の壁の内側の部分がボコボコと飛び出して見えるのが特徴です。
虚血性腸炎は放置していると症状が悪化し、必要に応じて手術が必要になることもある疾患なので、少しでも異常を感じたらすぐに検査と診断を受けるようにしましょう。

虚血性腸炎の治療と予防


虚血性腸炎と診断が確定した後には治療に移ります。
虚血性腸炎の治療の大部分は保存的治療という治療です。
安静にし、絶食と点滴での水分補給を行い、必要に応じて抗生物質や鎮痛剤の服用を行います。
症状が悪化してしまい、腸の一部に壊死が起こっている時には腸の切除手術を行うケースもあります。
ただ、早めに診断されれば手術にまで至るケースはあまり多くなく、基本的には薬の服用で改善する疾患なので、症状に気が付いた時には早めに治療を受けることが大切です。

虚血性腸炎は便秘を解消するだけで予防ができます。
便秘で悩まれている方は適切な排便習慣や食習慣、運動習慣を生活に取り入れ、しっかりと便秘が解消できると病気の予防に役立ちます。
便秘が続いてしまうと便秘の習慣が当たり前になってしまうので、便秘でお困りの方は病気予防のためにもすぐに治療を受けるように心がけましょう。