香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

高血圧は食事に影響される?!香川で高血圧治療を行うならふじた医院へ

体調不良を起こす病気はさまざまありますが、近年では生活習慣病に悩まれている方が増加している傾向にあります。

その生活習慣病のなかでも、特に高血圧で悩んでいるという方はたくさんいるのではないでしょうか?

 

病気というのは地域性が深く関わることがあるのですが、この高血圧は香川県特有の食生活に関係している部分もあり、県内で高血圧症にかかっていて治療を考えているという方がたくさんいると思います。

 

また、高血圧は自覚症状があらわれにくい病気といわれていて、気が付かないうちに症状が深刻化してしまうということもありますので、少しでも「体調が良くない」ということがありましたら病院で診察を受けることを心がけましょう。

 

ふじた医院では善通寺のかかりつけ病院として、細やかで丁寧な診療を心がけています。

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市など幅広い地域の患者さまからお越しいただいておりますので、県内で高血圧治療をお考えの方はぜひふじた医院までお気軽にお問い合わせください。

電話;0877-62-0555

目次

どうして香川県民の食事は高血圧になりやすいの?

 

香川県特有の食事で高血圧になりやすい傾向にあり、これは香川の県民食である「うどん」と深く関係しているといわれています。

毎日の食事としても、おやつとしても1日1杯以上はうどんを食べられるという方も多くいると思います。

このいつも食べているうどんはコシを出すために多めに塩分が入っていたり、汁にもたくさんの塩分が含まれていたりしています。

 

年齢や性別にごとに1日の塩分摂取基準に違いがありますが、一般的に高血圧予防をするには塩分を1日10g以下の食事にするのが望ましいとされています。

また、日本高血圧学会のガイドラインでは、1日あたりの塩分摂取量が6g未満設定にされています。

うどんの塩分目安は1食3g~4gほどとなりますので、1回の食事で1日の1/2~1/3程度の塩分を取ってしまうことになります。

 

このことから、香川県の県民食であるうどんは、高血圧の原因になりやすいといわれています。

血圧を下げるためには、うどんを食べることをやめるですが、うどんは身近にあるため難しいです。だからこそ、普段から血圧を測ったり、健康診断を受けるなど日々のケアを忘れずに実施していきましょう。

体調に異変を感じたらお問い合わせください。
電話:0877-62-0555

 

高血圧症を放置してしまうとどうなるの?

 

高血圧症は、血圧が高い状態のことです。

血圧は、最高血圧140mmHg、または最低血圧が90mmHgまでが正常値となりますが、

この数値以上が、繰り返しの計測で見られる場合は、高血圧症と診断されます。

 

高血圧は、自覚症状があらわれにくい病気のひとつで、気が付かないうちに病気が進行していたということは珍しくありません。

 

高血圧症が引き起こす病気

 

血圧が高い状態が長い期間続くと、血管に継続的な圧力がかかり、全身の血管の動脈硬化を合併させてしまうリスクを高めてしまいます。

動脈硬化とは血管が、不健康な状態。本来は柔軟性がある血管が硬く脆くなることで血流が詰まりやすくなり、脳・心臓・腎臓などさまざまな臓器に悪影響を与えてしまいます。

 

・高血圧症の合併症一例

  合併症
脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血 など
心臓 狭心症・心筋梗塞・心不全・冠状動脈硬化・心肥大 など
腎臓 腎硬化症、腎不全 など

 

上記以外にもさまざまな病気の発症リスクを高めてしまうのが高血圧症です。

 

高血圧に心当たりがあるときは、食事を見直そう

身体に気を遣って「まったくうどんを食べない」と控えることは難しいということもあると思います。

そこでうどんを食べるときは、

・汁は残すようにする

・醤油を使うときは少なめに。生姜や柑橘類などで味を調整する。

など食べ方を工夫することが大切です。減塩を心がけるようにしましょう。

 

また、うどん以外の食事の塩分摂取量も意識して減塩することも忘れてはいけません。

・昆布や椎茸などの天然だしを利用し、醤油や塩の量を減らす

・もともと塩分が多い、漬物などは控える

など、普段の食事で薄味に少しずつ慣れるようにして毎日の食生活をできることから見直し改善していくことが大切です。

 

また、血圧の調整をする成分にカリウム、マグネシウムなどのミネラルがあります。

カリウムは、腎臓から余分な塩分を排出する働きがあり、マグネシウムはそのカリウムの働きを助けます。

豆類や海藻類、野菜類などには多くのミネラルが含まれていますので、バランス良くこれらの食材を食べることも意識するようにしましょう。

 

生活習慣を見直すことも大切

 

高血圧は生活習慣病のひとつなので、食事以外に運動不足やお酒の取り過ぎなどを見直すことも大切です。

 

血圧を下げるために運動をしよう

 

運動をすることで血圧を下げる効果がみられることが分かっています。

作用としては、

・交感神経の働きが低下して血管拡張することで血圧が下がる

・膵臓から分泌される血糖値を下げる体内ホルモンのインスリンの働きが良くなり、相対的に分泌量が減ることで血圧上昇機能が弱まる

・利尿作用が活発化され、体液量が低下することで血圧が下がる

などが挙げられ、高血圧を改善する効果を得られることができます。

 

具体的な運動としては、ウォーキング・水中運動・サイクリングなどの有酸素運動が適しているとされており、1日30分程度の運動を最低でも週に3~4日は行うようにしましょう。

 

お酒の飲み過ぎには注意しよう

 

アルコールは一時的に血行を良くし、血圧を下げる効果を得られます。

しかし、飲み過ぎると血圧を上げてしまい、その状態が続くと循環器の病気の発症リスクが急激に高くなってしまいます。

そのため、お酒は飲み過ぎないように、適量を飲酒することを心がける必要があります。

 

高血圧の治療は早めに受診しよう

高血圧は生活習慣病の典型的な症状で、食事・運動不足などの生活習慣が大きく影響します。

自覚症状がなかなかあらわれないことから、突然大きな病気になってしまうというケースもあります。

そのため、普段から食生活の改善をしたり、定期的な病院での診断を受けたりという自己管理がとても大切です。

 

ただ、「自分では食生活のどこを改善すればいいか分からない。」「食生活の改善に努めていてもなかなか上手くいかない。」ということもあるでしょう。

そのようなときは、栄養士による栄養管理のもと食生活改善を進めていくことをおすすめします。

 

また、ふじた医院では、常駐の管理栄養士が、医師の指示のもと必要に応じて栄養指導を行っていますので、高血圧で食事についてお悩みがある方はぜひ、ふじた医院までご相談ください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、多度津町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。