香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

交通事故の後遺症の種類、いつまで続く?

突然のアクシデントにはさまざまなものがあります。

とくに交通事故は、自分が気をつけていても避けられることは難しく、怪我をして後遺症を残してしまう可能性があります。

そこで、交通事故の際に考えられる後遺症について調べている人もいるのではないでしょうか。

いざというときのために、どんな後遺症が考えられるのか、いつまで続くのか、どう治療するのかなどの情報は知っておきたいですよね。

今回は、交通事故の後遺症の種類や、治療法について解説していきます。

目次

交通事故で起こる後遺症とは?

後遺症は、交通事故で怪我をした場合に、一定期間治療しても治らない症状のことを指します。

ただし、交通事故後の処理をする保険会社が認める後遺症は、意味合いが少し変わってきます。

 

保険会社が認定する後遺症は、「後遺障害」と言います。

後遺障害は、交通事故によって被害者が受けた精神的障害、肉体的障害が将来において回復の見込めない状態となることを指します。

後遺障害と認められるためには、交通事故によって負った怪我の症状との間に、因果関係があることが基準となっています。

後遺障害と保険会社から認定を受けた場合には、1級~14級のなかの障害を受けた部分(12箇所)に当てはめられ、補償内容が決まります。

後遺症と後遺障害はほぼ同じものとなりますが、保険会社が事故と怪我の因果関係を認めるかどうかという点が異なるポイントとなってきます。

 

部位別後遺障害等級表は以下のようになります。

  • お腹(臓器)
  • 背中(脊柱・体幹骨)
  • 精神障害・神経障害
  • むち打ち(首、腰)

(参照元:厚生労働省│後遺障害等級表

交通事故でいう後遺症は以下のようになります。

  • 怪我は治ったが、身体に障害が残った場合
  • 治療が終わった後に残った症状
  • 治療したが完治せず症状改善の見込みのない固定した症状

 

病院などの医療機関で治療してから、6ヶ月を過ぎても症状の改善が見られない場合、医師が「症状固定」と判断し、後遺症と診断されます。

このときに、医師から後遺障害診断書が発行され、これを元に損害保険料率算出機構によって後遺障害と認められれば、金銭的な補償を受けることができます。

交通事故の後遺症の種類

交通事故によって起こる可能性がある後遺症はたくさんあります。

主な症状としては「むちうち」「脳脊髄液減少症」「坐骨神経痛」「精神的なダメージ」などが挙げられます.

むちうち

首筋や背中、肩のこりや痛み、耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振や脱力感などの症状がでます。

事故に遭って、すぐに発症することは少なく、翌日に突然症状がでることが多くあります。

脳脊髄液減少症

交通事故や自動車事故で頸椎損傷を起こして治療をしても、低髄液圧症候群である脳脊髄液減少症を起こす場合があります。

脳脊髄液減少症とは、交通事故などによって、身体が強い衝撃を受けた際に、脳脊髄液が漏れだし、減少している状態のことを指します。

主な症状としては、頭痛、めまい、記憶障害などが挙げられます。

坐骨神経痛

むちうちや脳へのダメージなどで神経痛が継続して生じることもあり、これも後遺症となります。

とくに坐骨神経痛はよくあるケースとして挙げられます。

坐骨神経痛は、腰のあたりから、膝まで伸びている神経に起こる神経痛のことです。

主に、交通事故において股関節の骨折などの怪我を負った際に発症する可能性があります。

症状は、腰から膝にかけて痛みや痺れ、重い場合は膝が曲がらなくなることもあります。

精神的なダメージ

交通事故で起こる後遺症には、精神的なものも後遺症としてあります。

とくに精神的なダメージは深刻な問題として見られており、その診断も難しいものとされています。

前述した後遺障害には、認められないかも知れませんが、精神的なダメージも明確な後遺症です。

主に挙げられる症状として、

「交通事故の影響で車に乗ることが怖くなった」

「交通事故の起こった場所を通ることができない」

「外出そのものができない」

などさまざまなものがあります。

被害者本人にしかわからない問題ではありますが、ダメージを受けていることは確かです。

 

身体の損傷ばかりが後遺症ではないということを知っておいてください。

後遺症はいつまで続くの?

後遺症が治るまでにかかる期間は、種類によって異なります。

交通事故で後遺症になってしまったときのために、治療にどれだけの時間を費やすのか見ていきましょう。

むちうち

個人差はありますが、多くの場合は3ヶ月ほどで治療が終わります。

むちうちは、交通事故のなかでもっとも起こりやすい後遺症で、治療完了までにもっとも個人差のでる後遺症です。

脳脊髄液減少症

頚椎損傷から脳脊髄液減少症を誘発している場合、3ヶ月~6ヶ月の治療期間を必要とします。脳脊髄液減少症は、まだ診断・治療方法なども確率されていないので、場合によっては、さらに多くの治療期間が必要になります。

頚椎損傷は非常に深刻な怪我なので、症状が収まった後に再発するということもあります。そのため、一概にいつまで症状が続くかということはわかりません。

坐骨神経痛

坐骨神経痛が起こっている場合、1ヶ月~1年以上の治療期間を必要とする可能性があります。

手足の痺れなどの軽い症状であれば、3週間ほどで治療できます。ただし、手足の痺れが重度の場合には3ヶ月~4ヶ月もの時間を必要とします。

症状がひどい場合には、歩けなくなる可能性があるので、MRIなどを用いてしっかりと検査、治療する必要があります。

精神的なダメージ

精神的なダメージは、具体的にいつまで後遺症が続くとはいうことはわかりません。

前述したように、本人にしか分からない問題なので、ケアが難しく、治癒までの道のりが非常に険しいものになっています。

一定期間カウンセリングを受け、治療が完了したとしても、ふとした瞬間に事故のことを思い出すフラッシュバックなどの現象もあるので、すべてが完治するということは難しいでしょう。

精神的ダメージの場合には、期限を決めずに、しっかりと日常生活を送れるように回復することが何より大事です。

交通事故の後遺症の治し方

交通事故の後遺症の治療法には、さまざまなものがあります。

病院によっても変わってきますが、ここからは一般的な後遺症の治療法について解説していきます。

むちうち

むちうちの治療方法には薬を飲む、ブロック注射、理学療法といったものがあります。

症状が軽いものであれば、消炎鎮痛剤や頭痛に対応するための薬が処方され、症状の緩和を待ちます。

それでも痛みが治まらない場合には、ブロック注射を行い、痛みや筋肉の緊張をとることで改善を図ります。

ある程度の改善が見られたら、理学療法によるリハビリを行います。

安静にしている間に筋肉は凝り固まってしまうので、日常生活に滞りなく戻るためには理学療法によるリハビリが必要となってきます。

脳脊髄液減少症

頚椎損傷が原因といっても、幅は非常に広く、損傷もさまざまです。

損傷の具合により治療方法は大きく変わってきます。

脳脊髄液減少症は軽度の場合、コルセットなどで固定して保存療法にて回復を図ります。

症状が重い場合には、手術を必要とする可能性があります。

坐骨神経痛

坐骨神経痛では、保存療法、もしくは理学療法によりリハビリを行います。

こちらもあまりに症状が酷い場合には、手術が必要となってきます。

神経系統は一度損傷してしまうと元に戻らないので、後遺症が取れない場合には手術も視野に入れるようにしてください。

精神的なダメージ

交通事故による精神的ダメージの治療方法は、主にカウンセリングによるものになります。

心理カウンセラーからカウンセリングを受けている段階では、投薬などは行いませんが、症状が改善せずに精神科へ通院する場合には、投薬による薬物治療を行うこともあります。

個人により差はありますが、精神的ダメージを負った人は、まずは心理カウンセラーをお試しください。

ふじた医院の交通事故による後遺症治療

交通事故による後遺症には、「むちうち」、「脳脊髄液減少症」、「坐骨神経痛」などのさまざまなものがあります。

治療にかかる時間としては、数週間の場合もあり、1年以上の時間を費やす場合もあります。

場合によっては、手術も必要になるでしょう。

リハビリでは、主に理学療法が使われます。

 

香川県にあるふじた医院では、交通事故による後遺症の治療を行っています。

隣接しているジムでは、初動負荷トレーニング®を実践していただけます。

初動負荷トレーニング®は、身体に無理のない範囲で負荷をかけるトレーニングで、リハビリなどでも用いられています。単に筋力を復活させるだけでなく、ストレッチ効果も期待できるので、後遺症のリハビリに適しています。

また、理学療法士・作業療法士もいるので、リハビリの際には栄養面、運動面のサポートを受けられます。

 

交通事故による後遺症に悩まされている人は、ぜひ当院へお越しください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。