香川県善通寺丸亀の消化器内科、胃カメラ、大腸カメラ、交通事故治療、整形外科、肛門科ならふじた医院

知っていますか?意外と簡単。巻き爪にならないための予防法

知っていますか?意外と簡単。巻き爪にならないための予防法

巻き爪

目次

巻き爪って何?

主に爪に負荷をかける、足の親指に出てくることが多いのですが、爪のお手入れの方法によっては、足の他の指の爪に出てきて、場合によっては手の爪に出てくることもあります。

最近、男女を問わず、巻き爪の症状で悩んでいる方が増えており、患者さんの数は約10人に1人の割合と言われています。症状が見られない場合でも、知らず知らずのうちに、巻き爪の予備軍になっていることもありますので、日頃から注意しておきましょう。

主に、爪に負担のかかりやすい足の親指が巻き爪になる例が多いのですが、場合によっては足の他の指の爪や、手の爪も巻き爪になることがあります。

巻き爪の原因

歩かない人ほど巻き爪になりやすいです。
また、生まれつきのものから加齢によるものや履いている靴の形やストッキングが原因のもの、運動やスポーツによるものと原因はさまざまです。

巻き爪を放っておくとだめ!

長期間続くと出血しやすい肉芽組織(ニクガソシキ)が生じます。この肉芽組織からの汁で周囲の皮膚がただれ、さらに爪も柔らかくなるためさらに変形が起こりくい込むという悪循環が生じます。巻き爪がさらに悪化すると、不自然な歩き方になったり、痛いところをかばい、足首・膝・腰などに負担がかかり、足や膝が痛くなったり、腰痛を起こす原因にもなります。

巻き爪にならないための予防

巻き爪の原因の大きな要素は、爪の切り方です。
皆さんは正しい爪の切り方はご存知でしょうか?
手の爪よりも、足の爪の切り方は特に気をつけないと、巻き爪になってしまいます。
正しく爪を切る道具がとても重要になってきます。
使用する爪切りですが、指や切る部分によって爪の大きさや厚さが違うので出来れば数種類を使い分けるのが理想です。
切れ味の良いニッパー型の者が足の巻き爪には適しています。

また、爪を切る前にはお風呂に入りましょう
お風呂に入ると爪が柔らかくなるので切りやすくなり、爪が割れ余計なひびが入るのを防ぎます。

正しい爪の切り方

角を残して真っすぐ四角になるように切ります。
指の形に沿うように爪の角をなくす切り方だと爪本来の持つ「丸まろうとする力」が働きどんどん内側へ丸まるようになります。
深爪をすると周囲の肉が盛り上がってきて爪の成長を妨げてしまいますので長さは先端の白い部分を1ミリほど残すくらいがいいです。

まとめ

巻き爪は放置してしまうと悪化しやすく治療にも時間がかかります。
悪化してしまうと歩くのも辛くなり日常生活に支障をきたします。
痛みがあまりない軽度な場合でも、できるだけ早めに治療をはじめましょう。
ふじた医院でも巻き爪の治療は出来ますので症状が重くなる前に治療しましょう。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
交通事故の治療方法
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、高瀬町、琴平町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、多度津町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年間にわたり、のべ1万件の交通事故患者様を診察し、治療してきた実績をもとに、交通事故治療の整形外科専門医が痛みの根本原因を明確にし、リハビリテーションによる機能改善までトータルサポートする整形外科病院です。