香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

物忘れの薬ってなに?その効果や種類、副作用について

加齢などと共に増えてくる物忘れに悩んでいる人も多いことでしょう。

また、物忘れが続くと認知症ではないか? と心配になることもあると思います。

しかし、物忘れは年齢的なものと諦めてしまうことや、物忘れに効く薬についてわからないことも多く、対策を行わないままにしてしまうこともありますよね。

そこで今回は、物忘れで悩んでいる方に向けて知っておいて欲しい薬についてや、物忘れと認知症の違いについてお話していきます。

目次

国が認めた「物忘れ改善薬」について

物忘れ改善薬の代表的な成分に「オンジ」というものがあります。

このオンジという成分は厚生労働省が認めた薬です。

ここでは、オンジとはどういう成分なのかについてお話していきます。

オンジについて

オンジとは、中国や朝鮮半島に自生しているヒメハギ科のイトヒメハギの根から抽出されたオンジエキスのことを指します。

オンジの成分としては、テヌイフォリン、オンジサポニン、キサントン類、ケイヒ酸誘導体などが含まれており、貧血や胃腸機能の衰え、ストレスによる不眠、体のだるさなどの改善を目的とした漢方などによく用いられています。

厚生労働省に認められた薬

オンジは、厚生労働省によって認められた物忘れに効く薬です。

オンジは、2015年の12月の「生薬のエキス製剤の製造販売承認申請に係るガイダンス」によって、成人では1日に3回、食前または食間に服用することで、中年期以降の物忘れを改善するための効果があると認められています。

厚生労働省が認めることによって、物忘れによる悩みを抱える人たちにとっては、物忘れを改善するための一歩を踏み出す後押しになっています。

しかし、このオンジはあくまで物忘れに効くという効果が認められているのであって、認知症を改善するための薬ではないことに注意が必要です。

続々登場している「物忘れに効く薬」

近年では、物忘れに効果がある薬として様々なものが登場しています。

ここでは、物忘れに効く薬の「キオグッド」「ワスノン」「アレデル」「キノウケア」について紹介していきます。

キオグッド

キオグッドは、ロート製薬が販売している物忘れに効く薬で、人の名前がすぐも思い出せなかったり、昨日食べた夕飯が思い出せなかったりなどの中年期以降の物忘れの症状を改善する薬です。

15歳以上は食前または食間に1回1包、3回服用します。生薬であるオンジエキスを配合しています。

ワスノン

ワスノンは小林製薬が販売している、オンジエキスを配合した物忘れを改善するための薬です。錠剤タイプになっていて、薬を飲むことが苦手な人にも飲みやすくなっています。

15歳以上、1回2錠、1日3回の服用で改善効果が期待できます。

アレデル

アレデルはクラシエが販売しているオンジ配合の物忘れ改善薬で、中年期以降の物忘れの改善に効果を発揮します。

1日3回、食前または食間に1包を服用することで、物忘れの改善に効果が期待できます。顆粒タイプのため、薬を飲むことが苦手な人は注意が必要です。

キノウケア

キノウケアは日本薬師堂が販売している、オンジ配合の物忘れに効果が期待できる薬です。1回1包、1日3回服用します。キノウケアは、生薬はオンジ一種類の配合であり、オンジ単体の効果を求めている人にお勧めです。

本当に効くの?薬が物忘れに効く原理

漢方では、オンジは精神を安らかにする効果があるとされ、認知機能をつかさどっている心(しん)の活動が低下していることで物忘れが起こると考えられています。

この心を正常に働かせるために必要なものが血(けつ)であり、疾患や加齢などによって血が不足することで、心の働きが鈍くなってしまいます。

認知機能の中の記憶力の働きも鈍くなることで物忘れが起こるとされています。

オンジは、中国などで古来から精神を安らかにし、頭脳を明晰にする効果があるとされて広く使用されてきました。

この効果は、「漢方210処方生薬解説」にも明記され、オンジによって精神を安らかにすることで心の活動を正常に戻し、物忘れにも効果が期待できます。この効果は、2015年に厚生労働省も認めています。

市販されている物忘れに効果が期待できるとされている薬にも、この有効成分であるオンジが配合されているため、中年期以降の物忘れの改善の効果を期待することができます。

 

勘違いに注意!物忘れに効く薬は「認知症」に効く薬ではない

物忘れの改善に効果があるとして、様々なオンジを配合した薬が販売されていますが、この物忘れ改善薬は、認知症を改善する薬ではありません。

物忘れは、脳のネットワークのつながりがスムーズにいかなくなることで、記憶し覚える、覚えた内容を保持する、覚えたことを思い出すといった記憶の3段階のうち、思い出すという作業に時間がかかることをいいます。

つまり、一度覚えた記憶は脳に保持されたままであり、あくまで思い出すことに時間がかかってしまうことを指しているのです。

オンジを配合した物忘れ改善薬は、このネットワークのつながりをスムーズにする効果が期待できるというわけなのです。

しかし、認知症は経験や覚えたことそれ自体が記憶から欠如してしまっているため、オンジを配合した物忘れ改善薬を服用して脳のネットワークがスムーズに改善されたとしても、忘れてしまった記憶自体が戻ることはなく、効果は期待できません。

市販されているオンジを配合した物忘れ改善薬は、あくまでも記憶として残っているものを思い出すための改善薬であり、認知症を改善するための薬ではありません。

また、物忘れが激しくなったり、経験自体を忘れてしまっていたりという場合には、認知症の可能性があるため、市販薬を服用し続けていると、認知症を進行させてしまう恐れがあります。

物忘れの症状が出たときには、はじめから市販薬を使用するのではなく、病院などで認知症などの症状があるかどうかを検査することが大切です。

物忘れでお悩みなら早めに病院へ

物忘れなどが起こったときに「加齢などによるもの」だと放っておいたり、自己判断で市販薬を服用し続けたりする場合がある人もいるでしょう。

物忘れと認知症の判断は自己判断では難しく、誤った判断を行うと認知症を進行させ、取り返しのつかないことになる場合もあります。

なぜなら、加齢による物忘れの症状と認知症の初期症状には、似ているものもあるからです。

 

物忘れによって、昨日したことが思い出せなかったり、経験自体を忘れてしまったりといったことも起こることがありますが、認知症も同じような症状を引き起こします。

今まで出来てたことができない、名前が思い出せないといった症状が出た場合には、物忘れではなく認知症の可能性もあります。

認知症は早期に発見すれば薬によって症状の進行を抑えることも可能になってきています。加齢による物忘れという自己判断はせず、なるべく早めに病院で診察を受けることで、早期に認知症を発見することができる場合もあります。

物忘れの症状が出た場合には、自己判断で市販薬を服用し安心するのではなく、まずは病院に行き、認知症などの病気がないかどうかをしっかり確かめましょう。

物忘れで認知症かな?と思ったらふじた医院へ

今回は物忘れの薬について具体的なお話と、認知症に物忘れの薬は効果的か? について紹介してきました。

現在、物忘れの薬は、厚生労働省から認められている成分がありますが、認知症を直接的に改善させる期待はできません。

そのため、「物忘れが酷くなり、認知症かも?」と思われている方は、自己判断をしないで病院で受診をされることをおすすめします。

認知症は早期発見することで、症状の深刻化を遅らせたり、改善させたりすることにつながります。

認知症で悩んでいて今すぐ病院を探している方はもちろん、定期的な予防・診断を受けたいという方も、ぜひふじた医院までお越しください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。