香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

スポーツで多い「肉離れ」繰り返さないための対処法やリハビリ・治療法について

スポーツなどで一度肉離れを経験した人は、しっかり対処しないと同じ症状を繰り返しやすいといわれています。

肉離れの再発を防ぐための対処方法や、効果的なリハビリ方法を知りたいと思っている人は少なくないでしょう。

そういう知識を持っていれば、肉離れを治していく上でも心強いですよね。

今回は、肉離れを繰り返さないための注意点や代表的なリハビリ方法、治療法について解説していきます。

目次

肉離れの原因について

肉離れは日常的な動作のなかで発症するケースは少なく、筋肉に大きな負荷のかかるスポーツの最中に発症する例が圧倒的に多いものです。

とくに、下半身の筋肉は体重を支えながら、それぞれの競技に応じた動作が求められるため、肉離れも発生しやすくなります。

肉離れを起こす原因のトップには、そうした各種のスポーツが挙げられます。なかでも、足の筋肉に肉離れを起こす例が多いのは、走ったり跳んだりする動作が主体の陸上競技です。本格的な陸上競技でなくても、趣味や健康目的でランニングに取り組んでいる人でも、初心者であるほど肉離れの危険性が高くなります。

 

肉離れが最も多く発生している部位は、ハムストリングスと呼ばれる太腿の裏の筋肉です。ハムストリングスに次ぎ、大腿四頭筋・大腿内転筋といった太腿まわりの筋肉、腓腹筋と呼ばれるふくらはぎの筋肉も肉離れを起こしやすい部位の1つです。

野球やサッカー・バスケット・テニスなどの球技も、試合や練習中にダッシュやジャンプ動作が加わるため、同様に足の肉離れを起こすリスクが高い競技となっています。レスリングや柔道・相撲といった格闘技では、足以外の筋肉でも肉離れを起こすケースが少なくありません。

 

肉離れは、筋肉に部分断裂などの損傷が起きている状態ですが、いずれも筋肉が収縮している最中に反対方向へと引き延ばそうとする力が強制的に働くことが原因です。結果として、筋肉に無理な力が加わり、筋繊維や腱・筋膜が耐えられずに部分断裂を起こしてしまいます。

筋肉が完全に断裂している場合は肉離れでなく、筋断裂と診断され、医学的に区別されます。

肉離れの症状

肉離れ

肉離れを起こすとさまざまな症状が起こります。

どの程度の痛みなのか知ることで、肉離れにならないよう注意をしながらスポーツを行うことができるようになります。

ここからは、肉離れが身体に及ぼす症状について解説していきます。

筋肉の痛みや腫れ

肉離れの症状といえば、ほぼ例外なく、筋肉に痛みや腫れが生じ、肉離れが発生した瞬間には筋肉が断裂するときの音が聞こえたり、衝撃を感じたりするような例も少なくありません。肉離れの痛みは、損傷した筋肉に力をかけると痛むのが特徴で、肉離れした個所を圧迫すると痛みを感じる圧痛もあります。筋肉を収縮するときではなく、伸ばそうとするときに強い痛みを感じるのが肉離れの特徴的な症状です。

とくに太腿やふくらはぎなど、足の筋肉で肉離れが生じると、体重をかけただけでも痛みが発生します。

歩くことが困難になる

足に肉離れが起きると痛みのために歩くことも困難になり、足を骨折したり捻挫したりした場合と同様に日常生活への支障が避けられません。

肉離れは、足の筋肉だけでなく、腕の筋肉や腹筋などでも起きる可能性があり、発症部位によって日常動作が困難になることが考えられます。

内出血が起こる

肉離れを起こした部位では、見た目の変化を伴う場合も少なくありません。筋肉が部分断裂すると、筋肉に酸素や栄養素を供給していた血管も切れるため、周辺に内出血が生じます。内出血が広い範囲に広がってくると、皮膚を通して出血の跡が見えるようになり、打撲していないのに皮膚が紫色などに変色してきます。

特徴的なへこみができる

肉離れを起こした患部を手で触れると、筋肉の一部が断裂している個所に特有のへこみが確認できます。

肉離れを繰り返さないために

肉離れになると、長い期間歩くことすら困難になります。

場合によっては、再発の危険性も高まります。

せっかく肉離れが治っても、すぐに再発しては意味がありません。

ここからは、肉離れを再発させないために必要なことをいくつか解説していきます。

完全回復までは安静にする

肉離れは筋肉の使いすぎが原因で生じると思いがちですが、筋肉が充分にほぐれていない状態で大きな負荷がかかることも大きな原因です。

とくにスポーツ選手の場合は、早く復帰したいばかりに、筋肉の柔軟性が充分に回復しないまま運動を再開してしまうケースも少なくありません。

肉離れから完全に回復していないうちは筋肉が硬いため、ちょっとした動作でも肉離れを繰り返す危険性があるので注意が必要です。

日常での動作にも気を配る

最初の肉離れでは比較的軽傷で済んだとしても、再発時にはさらに重症化する危険性もあります。そのため、肉離れの治療中や回復期にはスポーツの競技や練習中だけでなく、日常動作にも注意が必要です。

応急処置は適切に行う

肉離れを起こしたときは、打撲などと同様に安静と冷却・圧迫・挙上というRICEの手順による応急処置が基本となります。損傷した筋肉の安静を保つことは急性期の応急処置に限らず、肉離れの再発を防ぐ上で最も重要な対処方法です。

筋肉の柔軟性を高めるトレーニングを行う

スポーツ選手が肉離れを繰り返さないようにするためには、痛みがなくなるまで競技や練習を行わないように心がける必要があります。その上で回復期に全身の筋肉の柔軟性を高めるような軽いトレーニングを行えば、特定の筋肉に対する負担も軽減されて肉離れの再発が防止できます。

また、日頃から筋肉の柔軟性を高めるトレーニングを行えば、肉離れの予防、再発防止に繋がります。

肉離れ後のリハビリについて

肉離れを早く治すには安静が大切とはいえ、いつまでも休んでばかりいると、かえって回復が遅れてしまうものです。

スポーツ選手は、できるだけ早く万全の状態で復帰する必要があるため、復帰に向けたリハビリが重要になってきます。

リハビリの進め方は肉離れの重症度で違ってくるので、理学療法士やトレーナーの指導を受けながら、リハビリに取り組むのが理想です。

 

肉離れからの回復期には筋肉の柔軟性が低下しているため、復帰後に再発の危険性があります。

患部の痛みがなくなってきた回復期には筋肉の柔軟性を取り戻す目的で、マッサージからストレッチへと移行するリハビリを行うのが一般的です。

 

まだ痛みがあるうちは患部の安静を保つのが基本ですが、筋肉を休めているとどうしても筋力が低下して復帰後のパフォーマンスにも影響がでてしまいます。

復帰に向けて少しずつ筋力を強化していくトレーニングもリハビリの1つで、回復具合を見ながら、トレーニング強度を変えるようにするのがコツです。

 

正しい応急処置とリハビリを行えば、軽傷の肉離れなら1週間から2周間程度で復帰できるようになります。中程度の肉離れでは復帰までに1ヶ月から3ヶ月を要します。筋肉と腱の付着部が損傷しているような重度の肉離れの場合は3ヶ月以上かかるケースも珍しくありません。

病院での診断や治療

診察

筋肉の微細な断裂を伴う軽度の肉離れであれば、患部の安静を保つことで自然治癒が期待できます。

とはいえ、素人診断で重症度を決めるのは危険なので、肉離れの疑いがあるときは病院を受診して重症度を診断してもらうことが大切です。筋肉のどのような動かし方によって痛みがでるかを調べれば重症度を診断できますが、病院によっては診断に超音波やMRIなどの検査機器が使われる場合もあります。

整形外科などの病院では、症状や発症状況に関する問診を行い、圧痛の部位を調べることによって、肉離れかどうかを診断します。

 

病院での肉離れの治療には、診断された重症度に応じて湿布薬や塗り薬・内服薬などの薬が処方されるのが一般的です。発症から48時間までは患部を冷やして痛みや腫れを抑え、以後の回復期は筋繊維の修復を促すため、温熱療法に切り替えます。

肉離れの発症部位や重症度によっては患部をギブスで固定したり、松葉杖を利用したりするのもよく行われている治療方法です。

ふじた医院の肉離れ治療

肉離れを起こしてしまうと、スポーツができなくなったり、日常生活に支障がでたりして大変です。治ったと思っていても、すぐに再発する危険性もあるので、肉離れは病院の医師の指導のもとで治療、およびリハビリを行うのが大切です。

肉離れを再発させないために、「応急処置を適切に行う」、「完全回復までは安静にする」、「日常での動作にも気を配る」、「筋肉の柔軟性を高めるトレーニングを行う」ことも非常に重要になってきます。

香川県善通寺市にあるふじた医院では、初動負荷トレーニング®をおすすめしております。初動負荷トレーニング®とは、現在医療界・スポーツ界を中心にさまざまな業界から世界的に注目されているトレーニングです。正しい肉離れ治療をしないと先ほどもお伝えしたように再発してしまいます。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。