香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

肩こりや頭痛はストレートネックが原因かも?予防法や病院での治療

肩こりや頭痛といった身体の不調にお困りではありませんか。もしかしたら、その症状の原因はストレートネックかもしれません。

ストレートネックは、現在社会において起こりやすい症状で多くの方が悩まれて、身体に様々な悪い影響を与えてしまいます。

今回は、「ストレートネックの症状・原因について」「身体にどのような影響が出るのか」「予防策」などについて解説していきます。

目次

ストレートネックとは?

通常、首の骨は30~40度程度に前弯しているのですが、ストレートネックとは、30度以下の真っ直ぐな状態になってしまったことをいいます。

身体の構造上、首の骨は自然と曲がった状態ですが、首の負荷がかかってしまうと、首の骨が真っ直ぐに歪んでしまいます。首の骨が正常な状態でなくなってしまうと、様々な身体の不調といった原因につながります。

では、どのようなことで首に負担がかかってしまうのでしょうか。

次にストレートネックの原因についてお話していきます。

ストレートネックの原因

ストレートネックは現代社会特有の症状といわれています。

その原因は、主にスマートフォンやパソコンなどの普及にあります。

スマートフォンやパソコンの操作をすると、うつむく姿勢が続きます。このうつむく姿勢により首の骨が真っ直ぐに変形してしまいます。

具体的には、スマートフォンなどを操作するときに、首を前にだすといった前傾姿勢をとることが原因とされ下を向く時間が多いことでストレートネックを起こすリスクが高くなります。

また、スマートフォンやパソコン操作以外にも。リュックサックを使用することによってもストレートネックになってしまう場合があります。リュックサックを使用すると、重心がお尻の方にかかるため、姿勢を保とうとして自然と頭が前に出てしまいます。このような状態が続いてしまうと、ストレートネックになってしまうことにつながります。

その他にも、バレエや柔道などといったスポーツを行う時の姿勢から発症したり、交通事故などによるむち打ちが原因となったり、加齢がストレートネックの原因となったりする場合もありますので、誰にでも発症する原因があるといえます。

ストレートネックが引き起こす身体への悪影響

ストレートネックになってしまうと、身体に様々な影響がある場合があります。ここではストレートネックが身体に及ぼす影響について解説していきます。

肩こり

首の骨は少し曲がった状態によって何キロもある頭の重さを支えています。

しかし、ストレートネックが起こり、首の骨が真っ直ぐになってしまうと、頭の重さを首の骨が吸収することができなくなり、少しの負荷によっても首や肩に多くの負担がかかってしまい、肩こりの症状につながる場合があります。

腕などの痺れ

ストレートネックによって腕などに痺れの症状が出る場合があります。

これは、ストレートネックによる負荷により、固まってしまった腕の近くの筋肉が刺激され、肩の下に通っている神経が圧迫されることで起こります。

めまい

ストレートネックによって首の神経が圧迫されることによって、めまいなどの症状が出る場合があります。

頭痛

ストレートネックによる代表的な症状の一つで、首の神経が圧迫され、血行が悪くなることによって頭痛が起こることがあります。

内臓への影響

うつむくなどの姿勢で長時間過ごすと、ストレートネックにつながり姿勢が悪くなります。

姿勢が悪くなると、腹部が圧迫されて胃の内圧が高くなってしまいます。

胃の内圧が高くなると、胃酸が胃から押し上げられてしまい、胸やけや胃もたれを発症したり、消化が悪くなったりなど、内蔵の悪影響を与えます。

簡単チェック!ストレートネックと正常な頸椎の違い

「頭痛・めまいなどの症状に悩まされている」「日常生活の中でうつむく状態が多い」と心当たりがある方は、もしかしたらストレートネックかもしれないと思うこともあるでしょう。ただ、自分がストレートネックかどうかを判断するのは難しいですよね。

ここでは簡単にできるストレートネックのチェック方法を紹介します。

壁を使う

あごを引いて壁に「背中」と「かかと」をくっつけるようにして立ちます。

このときに自然と後頭部、お尻、肩甲骨の3つのポイントが壁にくっついている場合には正常な首といえます。後頭部が壁につかない場合にはストレートネックの可能性が高いです。

こりのチェック

ストレートネックになっている場合、首や肩、背中などに凝りの症状が出る場合が多くあります。

普段の生活で特に負荷をかけていないのに、首や肩に慢性的な凝りがある場合にはストレートネックの可能性が高いといえます。

ストレートネックの対策や予防法

様々な影響を及ぼすストレートネックは、予防をすることができます。ここでは「自宅でできるストレートネックの予防法」と「専門的な予防法」について紹介していきます。

自宅でできる予防法

ストレートネックの原因は、スマートフォンなどを見るときに長時間うつむくなど、その姿勢の悪さにあります。そのため、日常生活の中で、姿勢を見直すことがとても大切です。

まず、スマートフォンを見るときには、画面が自分の目の高さになるようにし、うつむかないように心がけましょう。目線の高さにスマートフォンを持っていくことで、首への負担が軽減されます。

また、眠るときはできるだけ自分に合った枕を選び、仰向けに眠るようにしましょう。そうすることで、首や肩の緊張を軽減することができます。

専門的な予防

ストレートネックを予防するために効果的な「あご押し体操」と呼ばれるものがあります。ここでは「あご押し体操」の方法について紹介していきます。

まず、頭と首を真っ直ぐにし、そのまま身体は動かさずにできるだけ頭だけを前に出します。そして、その状態のまま、あごに手を当てます。あごに当てた手は、そのままあごを後ろにスライドさせるようにします。この時、少し強めにあごを押すようにしましょう。

この体操を2~3回、15分~30分の感覚で行うことで、ストレートネックの予防効果が期待できます。また、ストレートネックを解消する体操としても効果が期待できます。

ふじた医院のストレートネック治療

今回は、現代社会特有の症状として挙げられるストレートネックの原因や身体への影響についてお話しました。

ストレートネックは日常生活での姿勢に気を付けたり、体操を行うなどして、予防することができますが、「症状がつらい」「正しい治療を行いたい」と思われている方は、ストレートネック治療を対応している病院で診てもらうようにしましょう。

香川県善通寺のふじた医院では、ストレートネックの診断・治療を受付けています。

姿勢矯正や症状を和らげる運動の実施、指導アドバイスを行っているので、ストレートネックにお悩みの方は、一度お問い合わせください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。