香川県 善通寺 丸亀 交通事故治療 整形外科 内科 消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 肛門科 花粉症治療 減感作療法なら「ふじた医院」

食事やサプリ以外でも摂取できる?!高濃度ビタミンCやビタミンDの効果と摂取方法について

忙しい毎日を送るなかで栄養をバランスよく摂取するということは非常に難しいことです。

最近では、生活習慣病というものが流行っており、ますます栄養バランスをしっかり取るように注意喚起がなされています。

また、栄養バランスが乱れていると、疲れやすい身体を作ってしまいます。

疲れやすい身体に嫌気がさして、栄養バランスを取ろうと頑張っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、疲れにくい身体作りに欠かせない栄養素「ビタミンC」、「ビタミンD」の働きと、効果や摂取方法について解説していきます。

目次

ビタミンCの働き・効果について

哺乳類はブドウ糖を胎内で分解することによりビタミンCを摂取することができますが、人間はそのようにはいきません。

しっかりと食物からビタミンCを摂取しなければビタミンC不足となってしまいます。

では、ビタミンCにはどのような効果や働きがあるのでしょうか。

抗酸化作用

ビタミンCの働きの1つとして、抗酸化作用が挙げられます。

抗酸化作用とは、酸化力が強く身体を老化させてしまう活性酸素を抑える働きのことです。

つまり、ビタミンCには身体の老化を防ぐ力があります。

活性酸素は、タバコや紫外線はもちろんのこと、ストレスなどによっても発生します。

また、こうした酸化物質が体内に蓄積されていくと、疲れが溜まっていくことに繋がります。

なかなか疲れが取れないという人は、身体の酸化が進んでいる可能性があり、ビタミンCが不足している可能性があります。

日々の疲れの解消には、ビタミンCが有効であることを知っておきましょう。

美肌効果

ビタミンCは、美肌効果もあります。

コラーゲンは、健康的な肌を作るうえでは欠かせない栄養素です。

ビタミンCは、水溶性ビタミンで、アスコルビン酸ともいわれており、コラーゲンの生成

に必須なものです。

ビタミンCを摂取することで、コラーゲンをしっかりと取ることができるので、若く健康的な美肌を作り、維持することができます。

ビタミンCが不足するとどうなるの?

水溶性ビタミンであるビタミンCは、身体のなかに溜めておくことができません。

ビタミンCは、1日に100ml必要だといわれています。

 

日々補充していかなければならないビタミンCですが、ビタミンCが不足するとさまざまな病気を発症してしまう可能性があります。

ビタミンCが不足すると、壊血、皮下出血、骨形成不全、貧血といったものを誘発し、日常生活にすら支障を来たすようになります。

とくに壊血はビタミンCが不足することにより、顕著に起こるもので、コラーゲン繊維の合成能力が低くなってしまった状態をいいます。

このようなコラーゲン繊維の合成能力が低くなってしまった状態が続くと、毛細血管や歯茎からの出血が目立つようになり、幼児の場合は骨の発育不良を起こしてしまうことがあります。

これらの症状の他に、疲労感、食欲不振、不眠症といった症状も起こり、快適な日常生活を送ることは難しくなります。

ビタミンCからコラーゲンが作られ、コラーゲンから皮膚や筋肉、内臓を形成する物質が生まれるということを覚えておいてください。

意識的にビタミンCの摂取を心掛けてみてはいかがでしょうか。

ビタミンDの働き・効果について

ビタミンDは、脂溶性ビタミンであり、D2からD7の6種類が存在します。

この6種類のなかで、とくに生理活性の高いビタミンD2とビタミンD3がビタミンDとして大別されています。

ビタミンD3は、皮膚に紫外線を受けることにより生成されるので、食生活以外にも外出や運動などが必要となってきます。

正常な骨格生成、神経伝達

ビタミンDの働きは、正常な骨格歯の発育促進が挙げられる他に、血中カルシウム濃度を一定に調節して、神経伝達や筋肉の収縮などを正常に行う働きがあります。

カルシウム濃度を調節して健康的な骨格を作ること以外にも、免疫力アップ、妊娠しやすい身体、ガンや糖尿病、自閉症などに有効に働く可能性があるという報告もあります。

脂肪燃焼効果

美容面では、ビタミンDは脂肪を燃やすか、蓄えるかという信号をだしている受容体と密接な関係があります。

ビタミンDをしっかりと摂取していることで、脂肪燃焼を促すことができるようになります。

また、女性ホルモンでは非常に重要となってくるセロトニンの生成にも関連しており、気分良く毎日を送れるという内面の美容にも必要なものとなっています。

ビタミンDが不足するとどうなるの?

ビタミンDは、ビタミンCとは違い、油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。

ビタミンDもビタミンCと同じく、1日に100mlが必要です。

ビタミンDが不足すると、小腸や腎臓でのカルシウム吸収率が低下し、カルシウム不足から起こる低カルシウム血症となってしまいます。

低カルシウム血症が起こると、骨が軟化することとなり、とくに妊婦や授乳婦では骨軟化症となる可能性があります。

また、小児の場合骨の成長障害が起こり、姿勢が悪くなったり足の骨が曲がったりくる病になったりします。

さらに、高齢者の場合には、骨粗鬆症になりやすくなり、骨折による寝たきりのリスクが高くなります。

 

ビタミンDは、食物によって摂取する以外にも、紫外線を浴びることによって生成されます。

食物だけではビタミンDの摂取が不足がちとなってしまうので、紫外線を浴びることも大事になってきます。

最近では、紫外線を浴びて皮膚にダメージを与えるリスクを回避するために、日焼け止めなどを塗ることが多くなっているため、美容面との兼ね合いが難しいものとなっています。

このことがビタミンDの生成を阻害してしまっている場合もあります。

過剰に紫外線を浴びてもいけませんが、紫外線を遮断しすぎてもいけません。

難しいバランスになりますが、極端に紫外線は避ける必要はありません。

ビタミンC・ビタミンDの摂取方法

日々の食生活だけではビタミンC、ビタミンDともに充分な摂取量をカバーすることは難しいでしょう。

意識的に摂取を心掛けなければ、不足が続く毎日を送ることとなってしまいます。

では、ビタミンC、ビタミンDを充分に摂取するためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

食事

ビタミンCは、みかん、いちご、ブロッコリー、ほうれん草、ピーマンなどの野菜や、いも類、緑茶に多く含まれています。

ビタミンD2は、きくらげ、本しめじ、しいたけなどのきのこ類に多く含まれ、ビタミンD3イワシ、カツオ、サケなどの魚介類や卵黄やバターなどに多く含まれています。

また、ビタミンDの場合は脂溶性ビタミンということを利用して脂質を含む動物性の食品から摂取したほうが吸収されやすいとされています。

サプリメント

食事の面で気をつけていても、ビタミン不足が発生することがあり、何よりも手間が掛かることを嫌がる人は多いことでしょう。

そこで利用したいのが、サプリメントによるビタミンの補充です。

サプリであれば、摂取に時間が掛かりませんし、手軽に摂取することが出来ます。

最近では、100円ショップやコンビニなどでもサプリメントが販売されていますので、簡単に手に入れることができます。

注射・点滴

ビタミンCやビタミンDの摂取によって、より高い効果を望まれる人は、注射や点滴といった方法で、直接ビタミンを摂取する方法もあります。

直接血液中にビタミンを注入する方法になるので、非常に高い効果が期待できます。

とくに、タバコやお酒を嗜んでいる場合、1日に必要なビタミンの量は約200mlとなり、通常の2倍になります。

そのため、一般的な量を摂取できていても、タバコやお酒を嗜むことでビタミン不足となります。

駐車や点滴といった方法は、タバコやお酒を嗜んでいて、食事やサプリではビタミンの摂取が間に合わないという人におすすめです。

また、食事やサプリメントでビタミンの摂取に気を配っているのに、疲れが取れないという人にも、ビタミン注射がおすすめです。

ビタミンは個人の体質によっても、吸収率が異なり、どうしても通常の摂取方法では間に合わない場合もあります。結果的にビタミン不足となり、疲れが溜まりやすい身体となってしまいます。

前述しましたが、ビタミン注射ではビタミンを身体に直接吸収させるので、効率よくビタミンの摂取ができます。

ただし、これらの注射や点滴には保険が適用されず、すべて自己負担となるので、事前にしっかりと料金体系の説明を聞いておかなければなりません。

 

関連記事:ビタミン注射はどんな人におすすめ?ビタミンの種類・効果について

ふじた医院のビタミン注射

これまで、ビタミンの摂取方法は「食事」と「サプリメント」が一般的でした。

最近では、ビタミン「注射」による摂取方法も注目されています。

即効性のある静脈注射や筋肉注射、持続時間の長い皮下注射まで種類も豊富にあるので、自身の都合に合わせて一度利用してみてはいかがでしょうか。

そうすれば、「疲れ」によるストレスを軽減した生活が送れるようになります。

 

香川県善通寺市にあるふじた医院では、ビタミン注射を行っています。

理学療法士・作業療法士もいるので、ビタミンに関するサポートや、取れない疲れの相談は全面的に行なえます。

ビタミン不足による疲れが辛い人は、ぜひ当院へお越しください。

善通寺・丸亀 ”かかりつけ病院”といえば「ふじた医院」
医師:藤田博崇
時間:8:30~18:00(土曜日営業、木曜日は13:00まで営業、日祝日休診)
入院あり
住所:香川県善通寺市上吉田町4-5-1
電話:0877-62-0555
詳細はご予約完了時にお伝えしております。
診療内容
交通アクセス
患者様の声
お問い合せ
求人募集

香川県丸亀市、三豊市、琴平町、多度津町、高瀬町、観音寺市、財田町、三野町、仁尾町、宇多津町、満濃町、綾歌町、詫間町、坂出市など広い範囲からお越し頂いております。
30年以上にわたり、地域医療に根差し、入院、在宅医療も含めてリハビリや手術などの西洋医学だけでなく、整体、マッサージ、鍼灸や漢方等の東洋医学も取り入れるなどあらゆる方法を用いて治療し、症状を改善している病院です。